フィンガーフォームの点検

2011-06-24 : ピアノレッスン
今日は「ピアノ基礎練習」、“フィンガーフォーム”についてお伝えします。

あなたの“指のカタチ”はどうなっていますか?



私は3歳でピアノを習い始めたんですが、当時は指の力がまだついていませんでした。

幼少期ならよくあることですなんですが、指の第一関節がペコペコと反対に曲がったり、親指が“マムシ指”になっていたんですよね。

この指の“クセ”が抜けるまでは、思いっきり情感をこめて演奏することが出来なかったのです。



「よぉ〜し!」
って気持ちをこめて鍵盤を弾こうとすると、指がペコっと曲がってしまい、スムーズに指を運ぶことができませんでした。

ペコっ、

クニャって。

自分でも少し情けな〜い感じがしていたのを覚えています。^^;)



それでも最初は好きな曲が弾けるだけで楽しいので、指のカタチなど気にもならないモノです。

しかし、その弾きたい曲が段々と難しくなってくると・・・。



そこで“イヤ”になってくるのです。

「やってもやっても上手くならない!どうして〜!?」って!



基本の指のカタチが出来ていないと、当然難しい曲を弾きこなすことが難しくなります。

上級者向けの曲ならなおのこと、指のカタチは重要になってきますよね!



もう一度“指のカタチ”と“どう動いているか?”点検してみましょう。
*--------------------------*

それが今日の魔法…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆


『フィンガーフォームの点検は定期的に♪』


“指のカタチ”すなわち“フィンガーフォーム”。

フィンガーフォームはアーチ型(たまご型)が基本。

指にチカラを入れて、平らなテーブルの上にそっとのせてみましょう。



ふんわりした橋がかかったようなカタチになりましたか?

第1・2・3関節が自然にまがって、丸くなっていますか?



その時注意が必要なのは、4番の指です!

練習がよくできている人の4番の第3関節はしっかり出ています。

しかし、まだ指が出来ていない人の関節は“えくぼ”が出ているか、または凹んでいる人もいますので、チェックしてみてくださいね!



野球やゴルフのスイングと同じく、ピアノのフィンガーフォームも定期的にチェックして、見直してみることも必要なんですよ。



みなさん、今日も明るく楽しいピアノレッスンライフを♪
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...