欠けたドーナツとモデリング

2011-06-27 : ピアノレッスン
今日も「モデリング」というテーマです。

前回の記事で、生徒にとって“先生というモデル”がイコール、“今あるいは将来の自分”を作り出します。

と、お伝えしました。



ところで、
生まれてすぐに手本となる先生は?
 ・
 ・
 ・
 ・
そう!
ご両親です。

関係が近ければ近いほど、子どもはそのマネをして成長するものなのです。



ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

学ぶ(マナぶ)」という言葉は、

「マネる」→「マネぶ」→「マナぶ」になったと言われます。



そう!

子どもは、良いも悪いも、全て見て・聞いて、そしてマネて学んで“モデリング”しているのです。





例えば、

親は子どもの“良い”ところよりも“悪い(足りない)”ところが気になるものです。

「いや〜〜うちの子なんてもぉ〜ぜんぜん...」とか、

「愚息(ぐそく)」な〜んて言い方もありますよね。



心理学では、よく「2つのドーナツ」のお話しが出てきます。

1つは丸いドーナツ、

もう1つは一か所が欠けたドーナツ、

両方テーブルの上にのっています、さてあなたはどちらが気になりますか?

という質問。



いかがですか?



実はほとんどの方が、“欠けたドーナツが気になる”と答えるんです。

誰が食べたのか?

何故欠けているのか?・・・・

基本的に人は、“欠けた部分”が気になる存在なんですよね。



それは子どもに対しても同じ......。



「なぜ出来ないのか?」

「どうしてやらないのか?」

「どうして走るのが遅いんだ?」

「もっと勉強しろ!」

「さっさと宿題しなさい!」

「片付けなさい!」

「早く起きなさい!」

「○○○ちゃんのように、もっとシッカリしなさい!!」

「どうして弾けないの!?」

「なぜ練習してこないの!!??」



周囲の大人たちが、その子の“欠けた部分”、“至らない点”ばかり普段から指摘していれば、

その子自身も、他人の、そして将来自分の子どもの“欠けた部分”“至らない点”ばかり指摘するように育ちます。

他者に対する評価の方法として「“欠けた部分”を指摘する手法」を繰り返し学習していくのです。

つまり、全て見て・聞いて、そしてマネて学んで“モデリング”していくわけなんです。





だからこそ!

良い習慣”を次世代(子ども・生徒さん)に示さなければいけないと思うのです。

“良きモデル”になりたいと考え、

常に何かを勉強し、常に新しい物事を学び、取り入れ、試行錯誤し、

一番良いと考えられるコト、よりベターな方法を、

たくさん生徒さんに提供できるようになりたいと思っています。



欠けたドーナツをモデリングしないでいいように・・・。
*--------------------------*

今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆


『自分の良いトコ(習慣)・悪いトコ(習慣)を再認識♪』


あなたの“長所と短所の活かし方”を上手く考えてくれる先生に出会えますように。



みなさん、今日も明るく楽しいピアノレッスンライフを♪
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...