憧れの人とモデリング

2011-06-30 : ピアノレッスン
今日も「モデリング」というテーマです。

みなさんには、

『自分をつくりだしてくれる協力者♪』

たくさんいらっしゃいますか?



『協力者』といっても、身近にいて、すぐ手を差し伸べてくれる人だけとは限りません。

たとえ一度も会ったことがなくても、

ずっ〜と遠くにいる人でも、

すでにこの世にいない方だとしても、

あなたの手助けをしてくれる人もまた『協力者』なんですよ。



ピアノを志す人であれば、

「自分はあの人みたいなピアニスト(演奏者)になりたい!」

というような、目指す人や憧れの人、目標となる人も、あなたの『協力者』となります。



憧れの人を目標にして、そうなるように目指すことで、“モデリング”がはじまるんですよね。

憧れの人をマネすることで学び、その対象者にドンドン近づいていきます。

マネる→学ぶ→モデリング、なんです。



ところで、

ロバート・キヨサキさん著書の『金持ち父さん 貧乏父さん』を、お読みになったことはありますか?

著書の中で、少年ロバートの前に二人の「モデリング対象者」が登場してきます。

“実の父親”と“親友の父親”です。

ロバート少年は“親友の父親”の方を、モデリングの対象者として選びました。

つまりそれが「金持ち父さん 」です。



“親友の父親”は所謂「お金持ち」とはちょっとイメージが違うかもしれませんが、

考え方や物事の捉え方、行動のあり方、お金や経済、ビジネス、生き方や人生に関する思考方法を学ぶ相手として、

ロバート少年は大きな影響を受け、モデリングし、その後の人生を歩んでいきます。



大人になったロバート少年が、それまで得た知識や経験を本というカタチにまとめたのが、『金持ち父さん 貧乏父さん』というわけなんです。


金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さん貧乏父さん


この本をお読みになると、

「どうなりたいのか?」や「どういう風になるのか」という“対象”がとても大切だというのがわかります。

もしロバート少年が“実の父親”をモデリングの対象として選んでいたら、おそらく、まったく違った人生になったのではないか、と考えさせられます。





さて、それをピアノに置き換えてみましょう。


今、ピアニストの演奏が見れるDVDなど映像作品は巷に溢れています。

またYouTubeなどの動画投稿サイトでも、プロからアマチュアまで様々な演奏家の演奏している姿を見ることができます。

演奏会やコンサート、コンクールなどもたくさん開催されています。



モデリングの対象、見知らぬ協力者は、意外とすぐ見つかるかもしれませんね。
*--------------------------*

今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆


『好きな演奏家の映像を見ながら、マネしてみよう♪』


全ては、マネして自分が吸収した上で、自然と出てくる“音”。

それが“あなたの音”なんです。



みなさん、今日も明るく楽しいピアノレッスンライフを♪
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...