• 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号

ピアノ演奏の表現力 -体験と経験-

2011-07-05 : ピアノレッスン
ピアノ演奏の表現力」というテーマで書いてきましたが、少し趣向を変えて・・・。

先日、生徒さんのお母さまから

「どうやったら“表現力”ってつくんでしょうか?」

と、ご質問がありました。



何でも、1〜2歳上のお友達のピアノ演奏をお聴きになって、自分のお子様と比べてしまわれたようなんです。

友達の演奏に比べて、自分の子の演奏力、表現力が劣っているんじゃないか?

もっと表現力をつけさせるために、何か特別なレッスン方法、練習方法があるんじゃないか?

と、思われたことでしょうね。



既にお伝えしたように、人それぞれにタイミングというものがあります。

そして、個々人が吸収したコトしか出力されません。

表現とは自分の内を外に表すことですから、技巧的に訓練していくことよりも、いろんな体験を通して経験値を増やしていくほうが、より本質的な表現力につながると思います。



ブルグミュラー25の練習曲に『せきれい』という楽曲があります。

実際の鳥「セキレイ」の飛ぶ姿、飛翔する動きを表現した、リズミカルな曲です。

この曲を大人の生徒さんにレッスンしていたのですが、その方は実際の鳥「セキレイ」を見たことがないと...。

鳥「セキレイ」の飛ぶ姿を知らないのであれば、楽曲「せきれい」を鳥「セキレイ」として表現することはちょっと難しいですよね。

この方に不足しているのは、ピアノ演奏の技術的表現力ではなくて、鳥「セキレイ」の飛ぶ姿を見るという経験なんです。



ですから、私はデジタルビデオカメラを持って、近所の恩田川一体に拡がる水田地帯に向かいました。

「セキレイ」の飛ぶ姿を求めて・・・。


(セグロセキレイ)

ブルグミュラー/25の練習曲 11.せきれい ,Op.100/演奏:友清祐子





実際の体験・経験を通して得られる表現力は、何にも増して素晴らしいものです。

でも、いちいち体験・経験が必要だとすると、それはそれで大変ではあります。



他に考えられる方法があるとしたら、

1)何度も同じ曲を耳で聴いてマネをしてみる

2)演奏映像なども積極的に観てみる


さらにプラスして、


3)自分が思ったコトを実現したり叶えられる環境をつくる

4)自己表現に対して肯定的な家庭環境にしてあげる

といいでしょう。



吸収して吐き出す、

呼吸と同じく、インプットとアウトプットの両方が必要なんです。
*--------------------------*

今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆


『他と比べないで、
 ありのままを受け止めて、
 褒めてあげてくださいね♪』




みなさん、今日も明るく楽しいピアノレッスンライフを♪
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...