• 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号

サスティンペダルで倍音体験♪

2011-08-19 : ピアノレッスン
こんにちは!
横浜の明るく楽しいピアノ教室、
福田音楽教室
の福田りえです。
(*^-^)ニコ。

少しお盆休みをいただいてて、
更新をサボってしまいました。^^;)

またガンバッテいきます!



ところで今日横浜は大雨が降って
ケッコウ湿度が高いんですよね。

人間には快適だと感じる
“湿度と温度”があるんですよ。


・快適温度は、18℃〜22℃程度。

・冷房温度は、25℃〜28℃程度。

・快適湿度は、40〜60%程度です。


ちなみに、
今日は湿度70%以上に…実に不快ですね〜。


デリケートなピアノのためにも
除湿”をおススメします♪



*・゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

☆ところで前回の記事の最後の質問

演奏をコントロールするには
何のチカラが重要だったでしょうか?

次の3つから選んでみましょう。

1.譜読力
2.初見力
3.分析力



答えは

3.分析力」でした。

*・゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・



さて今日のテーマは音楽の原点
音の種類”です。


◆1つめは『純音』です。


pure tone(ピュア・トーン)と呼ばれるこの音は、
“音叉”や“時報”などもっとも単純な振動音です。


ポーーーーーン♪ 

と、まっすぐに出た音に揺れはありません。


この音は脳波や体調まで整える効果がある
という研究も進んでいるんですよ。




◆その逆は『倍音』です。


harmonic overtone(ハーモニック・オーバートーン)
とも呼ばれるこの音は、

もとになる基音(きおん)の振動数に対して
自然に生まれる整数倍の振動音です。


*--------------------------*

そこで今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆


サスティンペダルで倍音体験♪』



ピアノの一番右のペダルを踏んだまま、
真ん中の「ド」を弾いてみましょう。


どうでしょうか?


高い「ド」の音が聴こえてきましたか?


電子ピアノでなく
アコースティックピアノでお願いしますね。



みなさん、
今日も楽しいピアノレッスンを♪
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...