• 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号

運命の選択:ピアノ or 電子ピアノ

2011-09-22 : ピアノレッスン
ピアノを始められた方や、今からはじめようとする方からよく聞かれるコトですが・・・

「電子ピアノでもよいのでしょうか?」


ホントに多いんですよね、このご質問。


子どもにピアノを習わせたい、
これからピアノを習いはじめる、
というとき、

ピアノの購入というのは
大きな課題となってきます。


住環境や経済性、将来性など、
いろんなことを考えに入れて、

そして
出てくるのが、
「電子ピアノでもよいのでしょうか?」

というご質問だと思うんです。



もちろん私の答えは、

「いいですよ〜。でも…」
※レッスンは受けていただけますよ、の意味。



そこで今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

『“耳と指”の育ちが違う♪』



アコースティックピアノの場合、
倍音といって、
弦が倍上の音の弦を響かせて、
その倍音が“耳”を育ててくれます。


しかし電子ピアノの場合、
大まかに言うと録音された音が鳴っているので、
その倍音まで再現することは難しいんですね。


ペダルを踏んだ上で音を混ぜるという、
感覚的なコトを伝えても、
なかなか表現できなかったりします。



そして“指”もまた
ピアノの機構的な部分によって、
しっかり育っていくんですが、

電子ピアノはハンマーではないモノもありますので、
タッチやピアノの叩き方に影響を与えます。



ピアノ教室でレッスンを受けている時間と、
自宅で練習している時間とでは、

圧倒的に
自宅で練習している時間が多いわけですから、
その影響が大きくなるのは自然なことですよね。



そして見落としガチなのが、

ピアノコンクールやオーディション、
発表会や音大入試などは、
必ずアコースティックピアノなんです。


他人と比べられる公の場では、
アコースティックピアノで育った演奏と、
電子ピアノで育った演奏とでは・・・

やはり違いが出てしまうんですよね。



「電子ピアノでもよいのでしょうか?」


それに対する答えは、

レッスンをお受けする立場としては
「いいですよ〜。」

将来のことを考えれば
「アコースティックピアノに勝るものをありませんよ。」

となります。



日本の住居環境では
ホント難しいこともありますが・・・。



“本人の才能開花”をとるか、
“スペースの有効性”や“経済性”をとるか。

意外と
運命の選択”なんです。



今日もお読み頂きありがとうございます。
みなさま楽しいピアノレッスンを♪
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

【関連記事】
ピアノを買う時
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...