• 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号

小さく刻んで大きく達成しよう

2011-10-05 : ピアノレッスン
前回、「ピアノで音痴を改善」というお話しをしましたが、
どんなことでも、出来ないコトは恥ずかしいという気持ちになってしまいますよね。

出来なかったコトを
“バカにされるんじゃないか”という恐怖や、
実際に“バカにされた”ことによるトラウマから、

チャレンジする(歌う・弾く・泳ぐ…)コトを
あきらめてしまう場合も
多いのではないでしょうか?



そこで今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

『小さいコトから始めて、大きなコトへ♪』



歌に関していえば、

まず小さい声で、
ハミングでもいいですから、
自分でわかる音程を歌ってみてください。


たとえば
「ドーレードーレードドドー♪」とか…


一曲まるごと、大きな声で歌うとなると、
気が重くなるという方もいるかと思いますから、
すこしずつ音域を広げていくといいでしょう。



昔、バケツを頭からかぶって歌う、
というのもありました。


それは自分の出す音を、
自分の耳で聴きとりやすくするためなんです。


バケツをかぶると、
世界が小さく区切られます。


誰もいない
自分だけの小さな空間。


その小さな世界の中で、
小さな声で、少しずつ歌ってみると、
自分の歌声がハッキリと聴こえるんです。


そんなゲーム感覚、
遊び感覚でやってみると面白いですよね!




ピアノでも同じですよ。


全部をいっぺんに弾こうとすると、
ザゼツしちゃうんです。


出来ないトコロだけ、
それも切り刻んで、小さくしてから食べてみて♪

いや“やって”みて♪




成功哲学でも同じコトを言っています。


大きな目的を成し遂げた方は、
その大きな目標までに

“何”を

“いつ”

“どうやってやるか”を

細かく明確にして達成していくんです。




例えば、

“ハノン”を

“毎日家に帰ってすぐ”

“5分間メトロノームに合わせて弾く”。

とかね!



そして大切なのは、
何のためにこの修行が必要か、
自分で理解していること。



これがハッキリしてくると、
グングンと進みます。


何のためが自分でわかっていると、
エンジンの回転数が上がるんです♪



今日もお読み頂きありがとうございます。
みなさま楽しいピアノレッスンを♪

*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...