• 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号

運指番号は自分で書いてみよう♪

2011-11-11 : ピアノレッスン
さてさて、今日は“運指(指使い番号)”がテーマです。

みなさんは新しい曲が与えられとき
一番最初にやることは何でしょうか?


「右手のメロディーの音を読む?」

そうですよね、
譜読みをしますよね!



上段(右手)&下段(左手) の音を順番に読んでいき、
楽譜全体を確認していくんじゃないでしょうか?



でもストップ!



今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆


『譜読みのときに、
自分で使いやすい運指(指使い)番号を記入する♪』




運指(うんし)番号は、
まず自分で記入するクセをつけましょう。




人は書いてあるモノを見たら
そのように実行するように
プログラムされているそうです。


例えば、

学校の時間割、
おつかいの買い物リスト、
トレーニングプログラム など…


書いてある通りに実行しようとします。




しかし、
運指の場合。


理解していない人が見ても、
なにも意味をなしません。


どの指が何番なのかをしっかり覚えてから、
番号を記入していきましょう。


1番=親指
2番=人差し指
3番=中指
4番=薬指
5番=小指


両手とも同じ呼び方ですよ。



習いはじめのころは、
ピアノの先生が記入してくださると思います。


でも、
文字が書けるようになったら、
バトンタッチして自分で運指番号を書いてみましょう!



まず、
自分で理解して、
書いてみて、
そして実行する。


これは、
何より重要な練習なんですよね。


おかしな指になっていたら、
その時が先生の出番です♪



みなさま
今日も一日楽しいピアノレッスンを♪
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
コメント
指の使い方、運指というんですね。
私は習っていた頃、先生の言うとおりじゃないといけないと思っていたんですが、手が他の人よりちっちゃかったので無理ぽいことが・・
自分で決めてもいいんでしょうか??
mobicさま、
いつもコメントありがとうございます!

指使い(=運指)は「先生」次第なのです。

教えてくださる先生が
受けてこられた指導法が
「楽譜どうりに!」ですと・・・

そうなってしまうので、
一言で変えてもOK!とは言えないのです。

私が大学時代に師事したピアノの先生は、
ブゾーニ国際ピアノコンクールで2位という
経歴の持ち主でした。

私は手がそんなに大きくはなかったので、
先生から提案される運指のお話しに、
目からウロコでした。

ですから、
私の師事してきた先生の指導から、
今に至るといったところでしょうか。

かと思うと、
「指の番号は絶対変えてはいけない」
という先生もいらっしゃいますから、
さまざまなのです。

ご師事されている先生の言うことを
お聞きくださいね♪
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...