ピアノに最適な温度・室温と湿度、設置場所、部屋の形と音の響きなど♪

2011-03-30 : ピアノレッスン
こんにちは、FUKUON 福田音楽教室
ピアノ講師☆福田りえです。 (*^-^)/


ご質問をいただきました!

ピアノに最適な温度(室温)と湿度はどれくらいでしょうか?


ありがとうございます。


常にベストな管理状態をキープできるコンサートホールや楽器店、
展示場、ミュージアム、博物館ならともかく、

ごく普通の一般のご家庭でピアノを設置する場合、
やっぱり温度・湿度というのは気になるところですよね。


「ピアノは湿気に弱い」とか「夏の暑さは苦手」、
「温度・湿度の変化は避けること」なーんてよく脅されるかもしれません。^^;


「海辺の潮風なんて、すぐピアノが傷んじゃうから絶対ダメ!」とか。
「え〜海辺に住んでるのに〜(涙)」・・・っていう人もいますよね。


いずれにしてもピアノは決して安い買い物ではありませんから、
できるだけベターな状態で長く愛用していきたいものです。





じゃ、ピアノにとって最適な温度や室温、湿度はどれくらいなのか?



そこで今回の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

ピアノは生き物、温度&湿度の管理を…し・て・ね♪


では答えです!


ピアノにとって最適な温度(室温)は、16〜20℃。

少し涼しいと感じるくらいですね。



ピアノにとって最適な湿度は、50〜60%程度。

実は人間が快適と感じる湿度とだいたい同じなんです。



そしてピアノにとって一番居心地が良いのは、
温度や湿度の変化の少ない安定した室内環境なんです。






ではピアノの最適な設置場所はどのような所でしょうか?


ピアノは温度や湿度の変化に弱いので、
冷房や暖房の風や直射日光が直にあたらない所へ設置するのがベスト。


できれば壁や窓、サッシなど外気に近く
温度・湿度が変化しやすい場所から離して設置できると理想的です。


そういう意味ではキッチンやバスルーム、洗面所からの
湿度・温度の影響を受けない所に設置しましょう。




更に「ピアノに最適な部屋の形は?」と聞かれることもあります。


音質を考えた場合に正方形の部屋よりも、
長方形の部屋に設置する方が音響学的に良いですよ。


コンサートホールを頭に思い浮かべてみてください・・・。

四角い正方形のホールってあんまりないですよね。^^;


コンサートホールは最高の音響環境になるように
入念に設計されているのでイロイロと参考になるんですよ。




またピアノの音の響きの変化をつけたい場合は、
部屋の中に家具類を置くなど工夫するとよいでしょう。


音を吸収する布類、反射する金属やガラスなど、
ピアノが置かれた部屋の状況に応じて工夫してくださいね。


これは聞いた話なんですが、
天井から空のビール瓶を吊るすと音の響きが良くなるそうです。

・・・さすがに試したことはありませんけどね。^^;




といいうわけで
ピアノを設置した部屋には温度計と湿度系は必需品です。

特に梅雨〜夏の湿気と冬の乾燥には要注意ですよ。


もし気になる方は調律師さんに相談を。

ピアノ専用の乾燥剤などを取り扱っている場合もありますよ。




長くお付き合いする大切なピアノですから、
弾くだけでなく普段の管理にも気を配ってあげてくださいね。


さぁ みなさん!
今日も楽しいピアノレッスンを♪ ・∀・*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

【関連記事】
コチラの記事も読んでピアノのことに強くなろう!


【関連アイテム】

乾燥剤 最高級ピアノ用保護剤 4個パック  (プラス1個おまけ)
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...