【お知らせ】JUGEMブログサーバーメンテナンスのため、一時的にブログ閲覧ができなくなります。12/12, 12/14, 12/19 いずれも14:00~17:00のうち1時間程度。 [ 詳細はこちら - JUGEMお知らせブログ ]

楽譜は「暗号の本」じゃないよ

2012-01-12 : ピアノレッスン
さて今日のテーマは“楽譜を読む”、つまり「読譜力」です。

読譜力については以前も取り上げてるんですが、
最近うちのピアノ教室の生徒さんで、

「あれっ!楽譜を読んで弾いてないな…!?」
「むむっ!もしかして耳で弾いている…?」


と思う方がいらして、
もう一度テーマにしたいと思いました。



というのも、
耳で弾いているときは楽しくていいのですが、
いざ暗譜をするときに困ってしまうんです。


これはテストや受験の勉強、あるいは、
なにか知識やスキルを身につけたいと思ったときの
記憶法にもつながってくる大切なコトなんですよ。





さて、みなさんの中で、
楽譜がただの「難解な暗号の本」
になってしまっている方、いませんか?


「昔、ピアノやエレクトーンを習っていたけど、
大人になった今じゃ楽譜が読めないんですよ〜。」

っていう方に質問です。


それは、

1)忘れているだけですか?
2)元々読み辛かったですか?


答えがどちらかによって、
戻し方がまったく違ってくるんです。

(それはまた次回以降でふれていきますが。)




いずれにしても...

楽譜がただの「難解な暗号の本」という状態から
はやく脱出しないことには、
ピアノが上達することは難しくなりますよ。



そこで今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

楽譜には絶対にドレミを書かないこと♪



楽譜をわかりやすくするために、
自分でドレミを書きこんでしまうと、
そればっかりに目がいってしまいます。


楽譜を読まずして、
自分の書いたドレミを見て弾くということは、

結局、世界共通である楽譜ではなくて、
日本だけで通じるカタカナを読んでいるだけです。

(運指番号は楽譜に書きこんでもOK)



音楽を学ぶ、ピアノが弾けるようになる、
楽譜が読めるようになる、ということは、
世界共通語に等しい技術を学んでいる
ということなんですよ。


“楽譜を読める”ということが、
どれだけ素晴らしい“価値”があることなのか、
もういっかい認識してみてね!




今日は特別にもうひとつ魔法を…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

知っている人は先読みして教えない♪


その人の可能性を奪わないでくださいね。



みなさま
今日も一日楽しいピアノレッスンを♪
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

【関連記事】
コチラの記事もあわせて読んでね。
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...