• 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号

大人になっても楽譜は読めます

2012-01-14 : ピアノレッスン
「昔、ピアノやエレクトーンを習っていたけど、
大人になった今じゃ楽譜が読めないんですよ〜。」


という方、多いですよね。


小さいころはちゃんと読めていたのに、
大人になってから見てみると、
なんだか「暗号の本」みたいに見えてしまいます。



昔は読めていただけに、
内心ちょっとショックだったりしませんか?

(ああ、もう私には妖精さんは見えないのね...。)って。



でも大丈夫!!

それは忘れたんじゃなくて、
読めなくなったんでもなくて、

まだちゃんと覚える前、
読めるようになる前なんですよ〜。




まずは楽譜の中で「ド」はどこにあるのか、
それから覚えるようにしましょう。


大人の方でも、小さなお子さんでも、
譜読みのチカラをアップさせるために必要なことは
基本的に同じなんですよ。



そこで今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

よく知っている曲をドレミで歌おう♪

まず知っている曲から入るのがコツのひとつ。

頭に音をイメージしやすいので
めちゃ効果があります!




(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

同じ曲をオクターヴを変えて書き写し、ドレミで歌う♪

ピアノの譜面は、
主にト音記号とヘ音記号の楽譜を読みます。


ですから、
いろんな高さでやってみるといいでしょう。


そのとき大切なことは自分で書き写すこと!
なんですよ。




(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

カンタンな調に移調して、同じくドレミで歌う♪

ハ長調からヘ長調に移調して…など。




読める自信が、
あなたを次のステップへと導いてくれます。


ホント地道なことなんですが、
これが大切で、なおかつ、
もっともチカラがつくんですよね。



しっかり足元を固めて基礎を積み上げると、
だんだん“ステージ”が大きくなってくるんです。



みなさま
今日も一日楽しいピアノレッスンを♪
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

<福ON便り♪>

先日いただいたご相談メールより

自分の娘のことなんですが、家でなかなかピアノの練習をしてくれなくて、いったいどうしたらよいでしょうか?



このご質問への解答は、新しくひとつの記事にしました。
子どもが家でなかなかピアノの練習をしてくれないとき、まず確認したい4つの改善策

是非お読みくださいネ。
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...