ピアノを楽しむためのチェック

2012-01-31 : ピアノレッスン
こんにちは、いつも読んでくださり感謝しています。

FUKUON 福田音楽教室の福田りえです♪
(*^-^)



前々回の記事のチェック項目での
2)レベルチェック
3)性格チェック
の自己分析・現状分析はいかがでしたか?


技術レベルや性格・気質の確認は、
自分ではなかなか難しいものです。


そこで次のチェックポイントで、
自分のレベルでの問題点を掘り下げてみましょう。




<チェックポイント!>

1)譜読みは大丈夫でしょうか?

2)楽譜は自分のレベルにあっていますか?

3)曲のテンポや音の動きは自分に合っていますか?



そこで今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

自分にピッタリの教則本で技術力をアップ♪

自分の好きな曲でモチベーションアップ♪



1)譜読みは大丈夫でしょうか?

譜読みする時にネックとなるのが…


☆音部記号

  • ト音記号のド(ミドルCより1オクターヴ下)より上の音

  • ヘ音記号のド(ミドルCより1オクターヴ下)より下の音


そこがパッと読めないと
レベルアップするのが難しくなります。


ピアノを弾く練習だけではなく、
ソルフェージュや楽典のお勉強をするとよいですよ♪





2)楽譜は自分のレベルにあっていますか?

どうもあっていないような気がする方・・・


☆音符の大きさをチェック

同じ楽譜でも音符のサイズが大きく書いてあると、
カンタンに見えることも多いのです♪


カンタンだと思って弾いてみると
意外と難しかったり....

難しそうだと思っていた曲も、
大きい音符だと意外とカンタンに感じる、

な〜んてことはよくあります。


音符のサイズに惑わされないようにしながら、
上手に使い分けていきましょう。



☆やりたい気持ちだけが先走っていませんか?

基本があってこそ、
レベルの高い曲にも挑戦できるのです♪


弾きたい曲を弾くために、
もう一度、基本に立ち返ってみてはいかがですか?


急がば回れ、です。





3)曲のテンポや音の動きは自分に合っていますか?

弾いている曲にいつも違和感がある方・・・


☆曲のテンポ

テンポは「速く← →遅く」を繰り返しながら、
一番よいテンポを探しましょう♪


弾く人の性格によっては、
テンポの早い・遅いに対して
もどかしく感じたり、性に合わなかったりします。



どんなジャンルでもそうですが、
“その中での得意・不得意、向き不向き”
というのはあるものです。


野球選手の誰もが
キャッチャーが得意なわけではないですよね?

サッカー選手の誰もが
キーパーに向いているわけではないですよね?


ピアノや音楽も同じなんですよ。



☆音の動き

弾く人の手の大きさによっては、
オクターヴや指くぐりが難しい部分が出てきます。


自分の手の特徴をつかんでおきましょう♪





もしピアノが楽しくなくなってきたら、
いつでも先生に相談してみましょう。


何が問題なのか早めに見つけて解決し、
快適でやる気が出るレッスンを目指しましょうね!


みなさん
今日も楽しいピアノレッスンを♪
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...