• 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号

陰陽が教えるレッスン形式の選び方

2012-02-07 : ピアノレッスン
前回の「ピアノ教室選び」に続いて
今日は「レッスン形式」のことについて。



今ピアノを習っている方、
お子さんにピアノを習わせている方、
あるいは昔に習っていた方、

それはグループレッスンですか?
それとも個人レッスンですか?

いかがですか?




よくピアノのレッスンはグループか個人か、
どちらが良いのかというお話しになります。


みんなとワイワイやるのがスキだから
グループレッスンの方がいいとか、

人見知りしたり引っ込み思案だから、
個人レッスンの方が合っているとか...。


性格や気質、社会性、社交性、
目的やレッスン内容やカリキュラム、

または経済面などもいろいろ考えて、
どちらか一方に決めることが多いと思います。



グループか個人か?

最初の悩みどころですよね。




で、私は・・・


どちらも必要だと思っているんですよね。


なぜなら...




今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

ピアノレッスンは陰陽のバランスを♪



私は個人レッスンは「陰」で、
グループレッスンは「陽」だと考えています。


陰陽がどちらも揃ってはじめて
自分をよく知っていけるのではないかと思うんです。





よく陰で練習することを「陰練」と言いますが、
一人になって自分の中に入っていくのも必要。


それと同時に


アンサンブルとして
みんなで「陽気」に演奏を合わせたり、

他の人のレッスンや演奏を聴くような
弾き合い会や発表会のような経験も大切です。





古代中国の陰陽五行思想では、

陰の中に陽があり、
陽の中に陰がある。

陰が転じて陽となり、
陽が転じて陰となる。

陰陽が調和して自然の秩序が保たれる。


という考え方があるそうです。



男性と女性、会社と家庭、晴天と雨天、
火と水、光と影、労働と休息、心と体・・・

どれも調和していることで世界は成り立ってます。


そして
グループレッスンと個人レッスンも。





一人ひとりをしっかり成長させるには
陰と陽、どちらも必要なんですが、
そのバランスが大切なのですよね。



個人レッスンばかりじゃなくて、
たまには人前でピアノを演奏したり、
他の人の演奏を聴いたり、

みんなでワイワイレッスンするばかりじゃなく、
自分自身の演奏や表現力に向きあうような、
深い個人レッスンもいいものです。





しっかり個性をみながら、
陰陽を上手く組み合わせることが
ピアノレッスンでも大切なんだと思います。



みなさん
今日も楽しいピアノレッスンを♪ *'∀'*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

【関連記事】

コチラの記事も参考にどうぞ。
個人レッスンとグループレッスン
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
コメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...