まるでピアノが歌っているかのような演奏になるには?

2012-02-21 : ピアノレッスン
いつも読んでくださり嬉しいです☆
感謝しています。

FUKUON 福田音楽教室の福田りえです♪
(*^-^)/


今日は「ソルフェージュ」の能力アップ。


ソルフェージュについては、
もう何回もここでご紹介していますが、
やっぱりそれくらい大切なんですよね。


どんなにお話ししても足りないくらいです。^^




ソルフェージュのチカラは、
聴く・見る・歌う・書く・理解するの5本柱と、
その組み合わせなんですよね。




そこで今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

鼻歌で音感力アップ♪


ソルフェージュには

  • 視唱(ししょう)…見て歌う

  • 聴音(ちょうおん)…聴いて音符にして書く

  • 楽典(がくてん)…楽譜の理論を理解する


とありますが、
“視唱力”を高めるために効果的な方法があります。



それは



鼻歌です。




鼻歌は階名(ドレミ)唱法もよいのですが、

音程を合わせて頭の中で音を響かせる
ということが音感教育ではとっても重要なんです♪


エドガー・ドガ「手袋をした歌手」
▲エドガー・ドガ「手袋をした歌手」


ピアノのような
息(ブレス)を使わなくても音が出る楽器では、
ついつい歌うことを忘れてしまいがち。


ピアノコンクールなどの総評でも、
よく「歌いながらピアノを弾きましょう」と、
指摘されることがあるくらい重要な練習法なんですよ。




ピアノを弾きながら自分で歌うことで、
息づかいや間、抑揚、タイミングなどが自然となり、
それがピアノの演奏にも反映されるからです。


まるでピアノが呼吸し歌っているかのような、
見違えるような演奏になります、ホントに。




音楽はまず(鼻歌でもいいから)歌から。

そして楽器へ移行すると
息が整った自然な演奏ができますよ。



みなさん
今日も楽しいピアノレッスンを♪ *'∀'*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

実は今、ある先生とご一緒に、
ピアノ教室をはじめ、お教室運営に役立つ情報を直接お伝えする計画を考えています。

アメブロの方をご覧下さいネ。
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
初めまして!
いつも読ませていただいてとても勉強になっています。

ソルフェージュに関しては私もいつも指導法を探している感じです。

またコメントさせていただきます♪
  • マッキー
  • 2012/02/22 6:22 AM
はじめまして、とてもすばらしい記事ですね。これからも応援します!
マッキーさん

コメントありがとうございます。

そして
またコメントをお待ちしていま〜す♪^^
ブライトリング価格さん

ありがとうございます。

そう言っていただけるように、
これからもがんばります♪
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...