• 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号

こんな楽しいゲームで聴音力を鍛えることもできますよね

2012-02-23 : ピアノレッスン
いつも読んでくださりありがとうございます。

FUKUON 福田音楽教室の福田りえです♪
(*^-^)/


今日は楽しい方法で
ソルフェージュ」の能力アップを図ってみましょう。




ソルフェージュのチカラは、
聴く・見る・歌う・書く・理解するの5本柱。


その組み合わせで

  • 視唱(ししょう)…見て歌う

  • 聴音(ちょうおん)…聴いて音符にして書く

  • 楽典(がくてん)…楽譜の理論を理解する

上記のような形態となってきました。




そこで今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

まねるは学ぶ♪


聴音力”を高めるためにオススメな方法、
それは『まねっこゲーム』です。


「学ぶ」とは「まねる」から派生したともいわれますが、

人のマネをすることから吸収していき、
自分のもともとある性格や資質と化学反応して
素晴らしい才能が開花する礎となるんですよね。





さて聴音力を高めるために、
人の音をよく聴いてマネるゲームをしてみましょう。

同時にリズム感も養われますよ。


まずAさんが音を出して、Bさんがマネてみましょう。

拍手や机を叩くのもいいし
もちろん打楽器でもOKです


Aさん『タンタンタン!』
    ↓
Bさん「タンタンタン!」


Aさん『タンタタタン!』
    ↓
Bさん「タンタタタン!」


Aさん『タタンタ タンタン!』
    ↓
Bさん「タタンタ タンタン!」


Aさん『タタタタタンタン タンタタタン!』
    ↓
Bさん「タタタタタンタン タンタタタン!」



といった具合に、
グループで伝達ゲームのようにやっていくと、
とっても面白いですし、盛り上がります。


面白いからこそ必至になって聴くんですよね。




私はピアノ教室の発表会や、
クリスマス会などでよくやったりしますが、
ご家族やお友達でもいいかもしれませんね。





このように
人のやっている通りマネすることをモデリングともいい、
成長や上達のプロセスでは必ず発生するものなんですよね


そしてお手本となるモデルによって
プラスに働くこともあれば、マイナスに働くこともあるんです。


それは職場や家庭、学校、
そしてピアノ教室でも同じなんです。




良いお手本(両親・先輩・先生)をみつけて、
モデリングをしたていきたいものですね!

(逆に良きモデルでありたいものです♪)



みなさん
今日も楽しいピアノレッスンを♪ *'∀'*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

モデリングについてはコチラの記事もどうぞ
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...