ピアノコンクールは打ち砕くためじゃなく磨くために♪

2012-03-14 : ピアノレッスン
いつもお読み頂きましてありがとうございます。

FUKUON 福田音楽教室の福田りえです♪
(*^-^)/


さて今日のテーマは
ピアノコンクールで自分を知る
です。




私のピアノ教室ではこれから先、
生徒さんからのピアノコンクールの申し込みや
出場のご相談などが増えてきてます。^^


暖かくなってきましたし、
もうそういう季節なんですよね〜。




ところで
日本にはどれくらいピアノコンクールがあるのか、
ご存知ですか?


ホームページの方に国内のピアノコンクールを
まとめてありますので参考にご覧くださいね。

ピアノコンクール(国内)




世界のピアノコンクールは
こちらの本が参考になりますよ。

ショパン増刊 日本の世界の音楽コンクール全ガイド2012年版 2012年 01月号 [雑誌]ショパン増刊 日本の世界の音楽コンクール全ガイド2012年版 2012年 01月号 [雑誌]

ハンナ 2012-01-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る



世界にはホントにたくさんの
ピアノコンクールがあるものですよね!



そこで今日の魔法は…


(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

ピアノコンクールで、自分を知る&世界を知る♪



私のピアノコンクールに対する考え方は、


まずは
「ステージに挑戦すること」

つぎに
「結果を受け止めること」

そして
「次のステージが見えてくる」

この循環の連鎖が大切なんだ、
ということなんです。




生徒さんは専門的なことはわかりませんし、
今の自分の相対的なレベルもわかりません。


でも、もしかしたら
凄い何かの原石かもしれないですよね?


いったい何の原石なのかは、
磨いてみないとわかりませんよね?


その原石はステージの光や緊張感、
そして聴衆が磨いてくれるんです。





ピアノコンクールというのは
原石を磨く研磨機のようなものかもしれません。


磨き上げるのは
ピアニストという極上のダイヤモンドだけじゃなく、

ルビーにサファイア、トパーズやパール、
エメラルド、アクアマリン、オパール、トルコ石、

それから

御影石に大理石、黒曜石、水晶、
そして素朴な河原の石にいたるまで、

いろんな価値のある、いろんな意味のある、
誰かに愛され必要とされる石の数々です。




決して石を粉々に打ち砕いてしまうための
粉砕機じゃないと思うんです、ピアノコンクールは。

(^^;)




自分はどんな石なのかを知れば、
次にその磨き方もわかる。


そして、
世界の中での自分の位置もわかる。


まず、自分をドンドン知りましょう♪



去年の夏、少し磨かれた子どもたちです。
がんばったね♪^^



みなさん
今日も楽しいピアノレッスンを♪ *'∀'*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
はじめまして♪
親子でピアノを習っています♪
先日娘のコンクールで落ち込んでいた所、こちらの記事に心が救われる思いで、気持ちを切り替えられそうです(^ ^)
コンクールは粉砕機ではない・・・そうですよね。
良い経験をしたと、今後へのステップアップにしないといけませんよね(^^)
結果はどうあれ、まずまず満足出来る演奏が出来、曲を好きになって大切に弾いていたので、お勉強になったのでは、と前向きに気持ちを切り替える方がいいですよね☆
ですが疑問も残る部分もあり、動画を投稿してみました。もしよろしければ図々しいお願いで申し訳ありませんが、改善策を教えて頂けたら嬉しいです。
You tubeにkaikunn28で登録してます♪
かいmamaさま、はじめまして〜!
親子でピアノを習っていらっしゃるとはステキ〜♪


動画を拝見いたしました。
丁寧にしっかり弾けていらっしゃいました^^♪

私はコンクールとは、「主観の世界」だと思うのです。

審査員の先生も主観で観られますし、
弾いている自分も主観で…
その主観と主観が一致してこそ
上位に上がっていったり入賞するのでしょう。

しかし、
なかなか3名の審査員の先生の意見が
ぴったり合うことも少ないのかと…

コンクールも様々なコンクールがありますし、
もっとお子さんのピアノの弾き方や、
音楽の世界観の作り方をじっくり観察した上で
他のコンクールなどもご検討されてはいかがでしょうか?

私は彼女の中の音楽性が芽生えているのを感じましたので、
もっと多くのピアニストの生演奏や、
プロはホールでどう響きをコントロールしているのか、
そこを学びに連れだされてはどうでしょう。

きっと佳い結果に結び付く「行動」を
親子で積み重ねていかれることを信じています。
かいmamaさまを、これからも応援しています!!!
こんにちは☆
お返事頂いていたのに、気が付かず遅くなってしまい、すみませんm(__)m
温かいコメント、ありがとうございます!
演奏も聞いて頂けて、とても嬉しいです☆
「主観」ですね♪そうですよね、、、
審査の先生の内、お一人だけは90点近い点数を下さり、とてもうれしかったです♪
今回の結果が励みと、良い経験になったようで、とても大切に全身疲れるくらい演奏する様になりました(^^)
今年度は、小学最後という事で3つのコンクールに挑戦中です(^-^;
それによって、いくつかの演奏会にも参加する事になったので、頑張ります!
田舎なので、あまりプロの演奏会を聴ける機会はありませんが、色んな所へ連れていってあげようと思います☆彡
本当にありがとうございました!!
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2012/10/09 2:41 AM
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...