音楽を使って子どもたちの「もっと!もっと!」を引き出すには?

2012-04-05 : ピアノレッスン
FUKUON 福田音楽教室
ピアノ講師☆福田りえです♪


今日のテーマは
ピアノ○○適齢期 - 幼児期後期」です。




「人間は生まれてから死ぬまで生涯に渡って発達する」
という発達心理学者エリクソンの考えを元に、

人間のライフサイクルを8段階に分け
それぞれ音楽的な課題を設定してきています。


第1期 乳児期  (基本的信頼 × 不信感)
 ↓
第2期 幼児前期 (自律性 × 恥・疑惑)
 ↓
第3期 幼児後期 (積極性 × 罪悪感)←今回はココ





第3期にあたる幼児後期には
身体の発達といっしょに心も育ってくる時期。


また歩く・走る・飛んだり、跳ねたりなど
いろんなアクションが出来るようになってくるですよね。


動きの多様性が出てくるので、
本人もワクワクしてとっても楽しい時期なんです。




せっかくなので
音楽と一緒にどんどん飛び跳ねていきましょう♪




さぁて今日の魔法は…


(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

リズムや音楽に合わせた動きでもっと発達♪



動き(運動)に合わせたリズム、
音楽に合わせた動き(運動)というのは、

音と同期する楽しさを生み出し
「もっと!もっと!」という積極性を育みます。





スイスの音楽教育家
エミール・ジャック=ダルクローズが提唱した「リトミック」も、この時期の発達に対してとっても有効なんですよ。




身体を使って音楽を体感すること。

音とシンクロする楽しさ、喜び。


大人になると忘れがちになりますが、

この時期の子どもたちには
たっぷりと味わせてあげてくださいね。




みなさん
今日も楽しいピアノレッスンを♪ *'∀'*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・


入学シーズンですね。^^

新しく幼稚園や小学校に上がると、
今までの生活習慣を変えないといけないことも...。


そんなときは、
ソーシャルスキル・トレーニングを取り入れてみて

ママのお小言も減るかも!?
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
何も知らなかった赤ちゃんが「不信感」「恥」など、経験で覚えていくというのを分類できるなんて興味深いです。
自分と重ね合わせてみてしまいました(あまりにも昔ですが)(笑)
私も大昔過ぎて、おぼえてないですけどね。^^;
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...