ピアノ上達のためには観察眼が大切になる理由って?

2012-06-08 : ピアノレッスン
こんにちは。

FUKUON 福田音楽教室
ピアノ講師☆福田りえです♪



みなさんは音楽の効果・効能について、
どのようにお感じになっていますか?




わたしが毎年参加させていただいている
日本音楽療法学会の学術大会では、

音楽の効果・効能に関する研究成果が
いろんな分野でたくさん発表されています。


鍵盤楽器、とくにピアノは、
多くの音楽療法の現場で使われている楽器ですから、
研究発表から学ぶべきことがたくさんあります。




音楽療法というのは読んで字のごとく、
音楽を使っての治療・治癒行為なんですが、

医療分野での音楽の効果や効能については、
まだとっても曖昧な部分があるんですよね。


抗生物質の投薬や外科的治療なんかと比べると、
すぐに効果が現れるというものでもありません。


音楽療法を受けたからといって
すぐに症状が改善される・完治する、
というわけじゃない
んです。


効果・効能がハッキリと見えにくいんですね。




それでもいろんな観察方法や指標をもちいて、
音楽の効果を引き出していくわけなんですが...。


そこには最も大切なことがあります。

何だと思いますか?


それはピアノレッスンにも活かせるものなんですよ。




さぁ〜て そこで本日の魔法は…


(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

長期的な観察眼をもって取り組むこと♪



ピアノレッスンといっても、
短い期間で効果を出すことは難しいですよね。


2〜3回レッスンを受けたからといって、
何でもスラスラとピアノで弾けるようになる、

な〜んてこと、まずないですもんね。^^




やっぱりピアノレッスンでも長期的な計画と、
明確な目標と目的、これが必要なんです。


そして


それをしっかりと管理できる観察眼が必須です。





どんな素晴らしい計画や目標、目的も、
実行中の記録と、それに対する観察を怠っては、
ゴールに向かっているかどうかアヤフヤなままですよね。


記録と観察。

これが抜けていると計画や目標も
絵に描いた餅になってしまいます。




もし自分で目標達成を管理するなら、
しっかり記録していくこと、まずこれが大切になります。


ピアノの練習記録を作ることで、

 ◇どういう風に出来たか?

 ◇出来ない部分はどこか?

などを明確にすることができるんです。


つまり記録を残して観察することで、
過程成果、そして課題がハッキリとするわけなんですよね。




先ほどの音楽療法でもそうなんですが、
効果や効能、成果や結果がハッキリ見えないものほど、
しっかり記録しながら長期的に観察することが大切。


音楽の治療効果・効能は見え難いだけに、
しっかりと記録を残しておくんです。


どんな些細なことも記録し長く観察することで、
兆しやキッカケ、ヒント、向かうべき方向性、
そして効果・効能を拾い上げることができます。




ピアノのレッスンでも同じなんですよね。


一見上達していないように見えても、
実は記録の中に小さな成果が表れている
そんなことも多いんですよね。


その成果を見逃さないように、
そして投げ出したり、諦めたりしないでいいように、
ピアノの練習記録はしっかり残しておきましょうね。




もし自分で管理できないときは、
ピアノの先生にご相談するのが良いと思いますよ。



みなさん
今日も楽しいピアノレッスンを♪ *・∀・*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

追伸:
昨年、富山で行われた日本音楽療法学会学術大会の報告や感想などをアメブロに載せています。よろしければご覧ください♪
音楽療法学術大会
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...