• 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号

ピアノ演奏中に頭真っ白で演奏停止!そんな最悪の事態を回避するためには?

2016-08-14 : ピアノレッスン
ピアノ演奏中に頭真っ白で演奏停止!そんな最悪の事態を回避するためには?
もしピアノ演奏中のステージで、頭の中が真っ白に飛んでしまったら、どうしますか?
こんにちは、FUKUON 福田音楽教室
ピアノ講師&音楽療法士の福田りえです。 (*^-^)/


ピアノコンクールや発表会に限らず、人前で演奏するときに一番に避けたいことって何でしょうか?


答えはいろいろあると思いますが、そのひとつに絶対に止まらない、ということがあるじゃないかと思います。


人前でピアノを弾いている間は、絶対に演奏を止めない、止めてはいけない。そんなことはわかっているけど、でも止まっちゃうこともある。


だって急に頭の中が真っ白になって……




ピアノ演奏中に頭が真っ白に飛んでしまう恐怖のホワイトアウト現象


大事な本番ステージ。一世一代の晴れ舞台。絶対に間違えられない演奏。何とかミスなしで乗り切りたい場面。


これまでの練習を無にしてしまわないために、また応援してくれている人のためにも、何としてでも上手く弾き切りたい。最後まで無事にたどり着きたい。


ああ、神さま仏さま……
幸運の女神よ、私を助けて、私を護って……
星よ、導きたまえ!


と、アレコレと考えてたら急に頭の中が真っ白になって、という人もいらっしゃるかもしれませんね。^^;


ほかにも

  • ちょっとしたミスが引き金となり頭が真っ白になって……
  • ミスからのリカバリーに焦ってしまい、ホワイトアウト……
  • 自分が緊張していることを意識した瞬間、無常にも演奏停止……
  • 何にもミスしていないのに、突然のホワイトアウトで演奏ストップ……

という具合に、演奏中に止まってしまうパターンはいろいろ。


弾き慣れた曲であっても、またステージ慣れした人であっても、いつ起こっても不思議じゃないんですよね。この頭が真っ白に飛んでしまう恐怖のホワイトアウト現象は。


そして経験した方なら分かると思いますが、ホワイトアウトからの復帰はとても難しいものです。


今どこを弾いていたのか、次の音は何だったのか、繰り返しの何回目だったのか、といった現状の認識がふっ飛んでますし、そのことが重篤な焦りにつながりますから、ますます頭の整理がつきません。


高鳴る動悸、手ににじむ汗。思考回路はショート寸前。時計の針は止まったまま。まさに血の気が引く思いです。

ああ、女神さま……。




頭真っ白ホワイトアウトを終わらせる方法と、ピアノと併用する回避策


しかし、それでも!


それでもなお、ステージに上がって、みんなの前でピアノを弾きはじめたら、アレンジしてでも、誤魔化してでも、何とか最後まで弾き切るしかない、弾き切るしか終わる方法がないのです。


なんと冷徹で、なんと非情な、そしてどこまで無慈悲な現実なんでしょう。残酷すぎて涙が出てしまいます。

(/_;)


と、ここまで少し大袈裟に書いてきましたが、でも現実問題として、ステージ上で頭が真っ白に飛んでしまったら、もうどうしようもありませんよね。


コンクールやコンペでは大きなマイナス。それが発表会だとしても、目の前の現実は変わりません。どんなことしても、最後まで弾き切るしか終わるらせる方法がないんですよね。


なんとかパニックを抑えつつ、少し前に戻って弾き直すか、もっとも良い方法は、真っ白に飛んでしまわないこと、ホワイトアウトしないこと、です。


そこで今回のピアノ魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

曲に歌詞をつけて、歌いながらピアノを弾いてみよ〜♪


歌いながらピアノを弾くといっても「ララララランラン…♪」ではなく、歌詞ですよ〜。抽象的な鼻歌やハミングじゃなくて、より具体的な歌詞の方が、より効果的なんです。


そして同じ歌詞でも、お話しがつながっていくようなモノの方が、もっと忘れにくいと思います。お話しの流れやストーリーラインが、曲の記憶を支えてくれますからね。


ドレミ(階名)の歌詞でおぼえるのもいいんですが、結局ゴチャゴチャになる可能性もあったりしますから、この場合は意味のある歌詞でおぼえていくことをオススメします。


スタッカートやスラーなども、語感が合う言葉で構成してみましょう。楽しいですよ。


お話しの流れがある歌詞をつけよう


ピアノの練習で歌を歌うというと、何だか奇異に感じる方もいると思いますが、曲の記憶という面のほかにも、リズムやテンポ、ブレス、フレージング、音階に対する理解など、たくさんのメリットがあるんです。


某ピアノコンクールの審査員の先生による総評でも、会場に来られている多くのピアノの指導者の方々に対して、「ちゃんと歌わせて練習させてください」とおっしゃってました。


それくらい歌というのは、ピアノの習得にとって欠かせないものなんですね。メリットありまくりです。


【関連書籍】

本番に強くなる! ~演奏者の必勝メンタルトレーニング~
「演奏中にあがってしまう」「ステージでうまく実力を発揮できない」「最高のパフォーマンスをしたい! 」……。そんな悩みを抱えるすべての演奏者に贈りたいメンタルトレーニング法。(Amazonより引用)


自作の歌詞で歌いながらピアノを弾く、その楽しさに気を取られちゃうので、緊張も遠のくかもしれませんよ。

やってみてくださいね!


では みなさん!
今日も楽しいピアノライフを♪ ・∀・*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

【関連記事】
この記事を読んでいる人にオススメ!




この方法で大きなステージを乗り切った生徒さんです。
十四の心と耳で挑んだヤマハリトルピアニストコンサート(アメブロ)

更新: | 公開: |
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...