ピアノレッスンにSST(ソーシャルスキルトレーニング)を♪

2012-08-24 : ピアノレッスン
FUKUON 福田音楽教室
ピアノ講師☆福田りえです♪

いつもありがとうございます。(*^-^)/


今日のテーマは
SSTを取り入れたピアノレッスン」です。




SSTって何?
と思われた方も多いかもしれませんね。


SSTとは、

S・・・Social(ソーシャル)
S・・・Skill(スキル)
T・・・Training(トレーニング)


ソーシャル・スキル・トレーニングの略なんです。


ここでのソーシャルとは
「社会的な」とか「社会生活」といった意味があります。




つまり

SST(ソーシャルスキルトレーニング)は
人が社会で生きていくのに必用な技術を
体得したり習得したりする練習のことをいい、


主に軽い発達障がいのある子どもたちが
社会性を養うためのトレーニング、
なんですね。




ADHD(注意欠陥・多動性障がい)や
LD(学習障がい)でなくても
落ち着きのない幼児期には、

SSTを踏まえて生徒さんと接すると、
ピアノレッスンへの導入が
比較的スムーズにできると思います。




さっそく本日の魔法は…


(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

SST的ピアノレッスンでスモールステップアップ♪


これまでの日本では

軽い発達障がいであったり、
いわゆるグレーゾーンの子どもについて
特別な指導を受けられる制度がなかったのですが、

2007年から特別支援教育がスタートしました。


引用

「特別支援教育」とは、障害のある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援するという視点に立ち、幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するため、適切な指導及び必要な支援を行うものです。
平成19年4月から、「特別支援教育」が学校教育法に位置づけられ、すべての学校において、障害のある幼児児童生徒の支援をさらに充実していくこととなりました。

文部科学省Webサイトより



これまで支援の手が届きにくかったケースでも、
国が推進するこの特別支援教育によって
光が当てられることになります。





しかし全国的に実施されているといっても、
全国の音楽療法士の先生方にお聞きしてみると、
まだまだ地域差があるのが現状なんですね。


これからの普及が期待されるところです。




さて前回、ピアノ教室・音楽教室向けに
自閉症/ADHD/LD用 発達チェックシートの
無料ダウンロードをはじめましたが、

みなさんダウンロードされましたでしょうか?


お気づきの点や、ご感想、
アイディアなどございましたら、
このブログにコメントいただければ嬉しいです。


まだダウンロードされてなければ
こちらのページをお読みいただき
ダウンロードしてご活用くださいね。

【ピアノ教室・音楽教室向け】自閉症/ADHD/LD用 発達チェックシート




チェックシートに書いた項目以外に
たくさんの問題行動リストがあります。


それはアメブロの
音楽療法グルっぽ」に出していこうと思っています。



SSTを取り入れたピアノレッスンの具体例については
また次回からご紹介していきますね。




さぁ みなさん
今日も楽しいピアノレッスンを♪ *・∀・*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...