• 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号

ピアノの先生と楽しくコミュニケーションをする秘訣は?

2012-10-15 : ピアノレッスン
FUKUON 福田音楽教室
ピアノ講師☆福田りえです♪


少しブログのデザインを変えてみました。
まだ調整中ですが、いかがでしょうか?




さて

ピアノ教室に通われているという生徒さんから、
「先生と上手くコミニュケーションするすべが知りたい」
という貴重なご質問をいただきました。


本当にありがとうございます!
(メチャうれしぃっ!)




コミュニケーションというのは、「時間」「モノ」
そして「できごと」に置き換えて考えることができると思うんです。


そこで本日の「先生と上手くコミニュケーションする」魔法は…




(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

共有コミュニケーション術♪



共有とは今風にいうと「シェア」ですね。


そう!

ピアノの先生と
「時間」「モノ」「できごと」を共有してみましょう。




「時間」というのはレッスン時間だけでなく、
「ランチ」をしたり、ちょっと「お茶」したり。


「モノ」は「贈りもの」でもよいですし、
お教室の「モノ」をホメてみたりでもいいですよね。


「できごと」は「ピアノ発表会」や「ピアノ連弾」、
「ピアノコンクール、ピアノコンテスト」に参加したりとか。


さらに「入試」など大きな「できごと」を乗り越えることで、
より絆が深まってコミュニケーションが増します。





ヒトには集団欲という基本的な欲求がありますから、
「共有」するというのは、その部分をくすぐるんですよね。


「共有」することで誰かとつながっている安心感が得られるので、
コミュニケーションもスムーズになっていきますよ。




また
「先生の一番好きな○○はナニ?」と質問してみるのも効果的です。


「先生の一番好きな食べ物はナニ?」

「先生の一番好きな乗り物はナニ?」

「先生の一番好きな歌はナニ?」

「先生の一番好きなピアノ曲はナニ?」

「先生の一番好きな作曲家はダレ?」

「先生の一番好きな観光地はドコ?」


一番好きなものの話をするのはみんな大好きですから、
たくさん愉快なお話しが聞けるかもしれませんよ。


そして先生の話を聞いたその後、
自分の一番好きなものの話をしてみましょう。


一番好きなもの同士を共有することで
さらにコミュニケーションしやすくなっているハズです。




ヒトとヒトとのコミュニケーションを円滑にするには、
まず自分から一歩近づくのが大切なんですよね。



さぁ みなさん!
今日も楽しいピアノレッスンを♪ ・∀・*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...