リスクを冒してもベストに近づくベターなピアノレッスンを探すのはナゼ?

2012-12-10 : ピアノレッスン
こんにちは、FUKUON 福田音楽教室
ピアノ講師☆福田りえです。 (*^-^)/




前回『セカンドオピニオンはどの世界でも必要♪』とお伝えしました。


ほかの先生(=セカンドオピニオン)に見ていただくことは、
生徒さん自身の経験としてもとっても良いことですし、
指導者としても良い学びの場になるのではないか、と。




でも不思議に思った人もいるかもしれませんね。

「ほかの先生を紹介してホントに大丈夫?」
「そっちの先生、そっちのピアノ教室に行っちゃったらどうするの?」


って。^^




たしかに

ピアノ教室の先生が自分の生徒さんに
ほかのピアノ教室の先生を紹介してレッスンしてもらうと、
いろんな心配や不安が頭をよぎります。


自分の生徒さんが
他のピアノ教室に抜けてしまうんじゃないか・・・。

自分に対する生徒さんの信頼が
ほかのピアノの先生に移ってしまうんじゃないか・・・、と。


ピアノ教室をやっている身としては、
とってもリスク(危険性)を含んでいるんです。





ではなぜ、そんなリスクを冒してまで、
セカンドオピニオンのピアノ先生を紹介するのでしょうか?




そこで、本日のピアノ魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

信じて頼(たよ)る。信頼関係こそが一番の宝物♪



基本的にピアノの先生は、
生徒さんや親御さんを信じてレッスンを組立てています。


生徒さんや親御さんに、
「私(先生)を信じて、頼って、ついてきて欲しい!」と、切に思っています。


もし根本的に生徒さんを信じていなければ、
もし生徒さんや親御さんから信じてもらえてなければ、

確かなものは何もなくなってしまいますから
具体的にレッスンを組み立てられなくなってしまいます。


ものごとを決める基準を見失ってしまうんですよね。





そしてピアノの先生はいつも
生徒さんにとって最良のことを考えています。


ベストではないかもしれませんが、
できるだけベターなことを探しているんですよね。


よりベターなレッスンを、よりベターな方向性を、
少しでもベストに近づくよう試行錯誤しながら選んでいます。


もちろん
先生の言うことがいつも一番ではありませんが、

いろんな経験や持っているピアノ・音楽の知識を元に、
足りない部分はほかの先生や指導者の方からも学び、
生徒さんに解決策や改善方法、将来の方向性を伝えています。






信頼しているからこそ、信じているからこそ、
よりベターな方法を、よりベストに近づけるレッスンを、
考えて、探して、そして提案しているんです。


もしそれがピアノ教室運営上のリスクがあったとしても、
生徒さんにとってそれが最良のレッスンであれば、
生徒さんや親御さんをしっかり信じていれば・・・迷わず紹介します。


ベストに近づけるベターな方法だと思っているのに、
そのレッスンを行わないとしたら、

何のためにピアノ教室をやってるのか、
何を目標にピアノレッスンをしているのか、
わからなくなってしまいますからね。


存在意義がなくなってしまうんです。





素晴らしいセカンドオピニオンの先生とのお引き合わせもまた、
生徒さんの成長曲線や下地のデキ具合など、
いろんなタイミングを見計らってご紹介をしています。


それは

ベストに近づけるベターな方法だと信じているから、
生徒さんにとって最良のレッスンだと信じているから、
生徒さんや親御さんを信頼しているから、です。







「信頼」という言葉は、信じて頼(たよ)る、と書きます。


人はお互いに信じて頼ると、素晴らしいチカラを発揮するモノです。


「人」という字もまた、
お互いを信じて頼って、寄りかかっていますからね☆




さぁ みなさん!
今日も楽しいピアノレッスンを♪ ・∀・*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
日本にももちろんいらっしゃると思いますが、海外では、セカンドオピニオンはもとより、もっと伸びる生徒を、よりベストな先生へ紹介し引き渡すということも通常に行われているように思います。

ところで、読者登録をしたのですが、更新メールが届いていないようなのですが・・・
ぜひ更新メールをいただけると嬉しいのですが。
  • 大嶋聡子
  • 2012/12/11 5:22 AM
度々申し訳ありません。
更新メール届いていました。
りえ先生が投稿されてから、少し時間がかかるようですね。たまたま、記事を見かけたものですから。
お騒がせいたしました。
  • 大嶋聡子
  • 2012/12/11 9:37 AM
大嶋聡子先生、コメントありがとうございます♪
より生徒さんが伸びる先生(セカンドオピニオン)へ
バトンタッチしていきたいですよね。

更新情報は次の朝の7時頃に送らるようです^^;。
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...