ピアノの悩みや迷いは一旦舞台の袖にでも置いておこう♪

2013-01-10 : ピアノレッスン
こんにちは、FUKUON 福田音楽教室
ピアノ講師☆福田りえです。 (*^-^)/


私事ですが・・・
何年ピアノをやっていても、まだまだ悩みは尽きません。


悩みどころか、迷いや憂い(うれい)、畏れ(おそれ)なんかも、
湯水のごとく湧き上がってきます。


それくらいピアノって奥深いものなんですよね。


精進、精進、です。




以前、ジャズピアニストの綾戸智恵さんが、

「悩めるってことは、あんた幸せなんやな。
海で溺れそうになってるときに悩むか?
悩めるってことは幸せなんや。」


とおっしゃってました。




自分で自分の悩みが認識できているということは、
まだまだ余裕があるということ。


本当に本当にギリギリで切羽詰まっていると、
もうアレやコレや「悩み」なんて言えない状況に陥りますよね。




それでは、本日のピアノ魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

落ちるところまで落ちたら、もう上がるしかない♪



悩みながらヤル気を出すのと、
本気になってヤル気を出すのと、
一体どっちがより良い結果が得られるか?




まだアレコレ悩んでるのにヤル気を出そうとしても、
100%のチカラはなかなか出ないものです。


「お主、まだまだ心に迷いがあるのぉ。」
と老師に見切られてしまいそうですね。



でも

悩みも迷いも憂いも畏れも一度ぜーんぶ振り切って、
前のめりに頭から突っ込んでいけば、
案外あっさり道が開けることもあります。


人間、後がない状況ではとっても強いチカラを発揮するものです。


これを「火事場の馬鹿力」といったりもしますよね。






ピアノもこの1回に賭ける!
と、渾身の演奏をすると良い結果を得られるかもしれません。


練習不足や曲の解釈に消化不良があっても、
それは一旦舞台袖にでも置いておいて、^^

今持っているものをすべて吐き出すつもりで、
ただその演奏にすべてを賭ける。


練習不足でも、全身全霊、乾坤一擲のピアノ演奏。




でもピアノ演奏はチカラが入り過ぎてはダメですよ。

脱力の渾身で演奏を♪



さぁ みなさん!
今日も楽しいピアノレッスンを♪ ・∀・*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

「悩み」についてはコチラの記事もどうぞ。
悩みをスッキリするには誰に相談するかも大切なんですよね♪(アメブロ)
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...