悲劇を繰り返さないためにピアノの体験レッスンで私が観察していること♪

2013-04-16 : ピアノレッスン
こんにちは、FUKUON 福田音楽教室
ピアノ講師☆福田りえです。 (*^-^)/


前回はピアノ教室の体験レッスンを生徒さん目線で考えてみました。


体験レッスンにお申し込みいただく時点で、
既にホームページやブログをよく読み込まれています。


それだけに

ピアノ教室としては情報発信の仕方が大切になりますし、
生徒さん側はたくさんの情報の中から悔いのない選択をしてほしい、
ということでした。




一方、私たちピアノ講師、お教室の先生は、
体験レッスンで生徒さんのどこを見ているのでしょうか?


・・・といっても
ここから書くことは私に限った話しになりますケド。^^;




ピアノの体験レッスンで見ていることは、

  • 言語理解のレベル?
  • ごあいさつができる?
  • しっかりお返事ができる?
  • ちゃんと座っていられるか?

といった一般的なことはもちろんですが、
もっと違った視点で観察しているコトがあります。


それは


子どもたちの場合は
ご本人のやりたい気持ちと、親御さんのやらせたい気持ち、
そのバランスや綱引きの力関係はどうなっているのか?


大人の方の場合は
何を目的にし、最終到達レベルはどのあたりなのか?


そんなことをピアノや楽器へ向かう姿勢や、
ヒアリングを通して観察させていただいています。




さて本日のピアノ魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

瞬時に察知してレベルや性格をみてレッスン組立てスタート♪



大人の方は目的や目標が定まっていることが多いので、
あとはそこに到達できるようにレッスンを組み立てていき、
生徒さんと二人三脚で目標目指して進んでいきます。




でも小さい子どもたちの場合はそれよりも何よりも、
やはり本人のやりたい気持ちの確認が第一です。


ピアノをやりたい気持ちがあるのか、ないのか?
あるとすればどれくらいあるのか?

ここが曖昧だと、後々になって失速したり長続きもしません。


そしてもし、生徒さん本人のピアノをやりたい気持ちより、
親御さんのやらせたい気持ちの方が大きく勝っているとき、
少し進む道を誤っただけで悲劇が待ち受けていることがあります。


悲劇



親御さんが我が子にピアノをやらせたい気持ちが圧倒的に大きいとき、
それは時に子どもたちにとって重いプレッシャーとなります。


特に、かつて親御さんご自身がピアノを習っておられ、
ご自分でもハッキリ自覚されるくらいに上達された後、
残念ながらやむを得ない理由でピアノを断念されたケース。


この場合、ご自分のかつての無念さと途中で断念した後悔から、
絶対に我が子にピアノを辞めさせないという強い決意と、

ご自身のピーク時のピアノの技量を基準とした
子どもへの過剰なまでのダメ出しが頻発する傾向があります。




子どもたちも必死にそれに応えようとするのですが、
親御さんの求めているピアノの演奏レベルが高すぎて
途中でポッキリ心が折れてしまうことがあるんですね。


あるいは、子どもたちの心が折れてしまう前に、
親御さんご自身の心がポッキリ折れてしまうこともあります。


「この子は私ほどにはピアノが上達しないんじゃないのか?」
という、第二の挫折を味わうことになるんです。




子どもの心がポッキリ折れてしまうのも、
親御さんの心がポッキリ折れてしまうのも、
また親御さんが第二の挫折を味わうのも、どれも悲劇です。


私もその悲劇を何度か目の前で見てきました。


そしてそれは、
ピアノ講師として私の観察が足りなかった責任でもあるのです。


最初の体験レッスンのとき、もっとよく話を聞き、
もっともっと深く観察してあげていれば、
もしかしたら防ぐことが出来たかもしれない悲劇です。




それだからこそ、ピアノが好きでピアノを習いたいという
「意思と目的・目標」が固まっているかを確認します。

しっかりと観察するように心がけ、
ピアノのレッスンを通して育て膨らますようにします。


同じ悲劇を二度と繰り返さないようにするために。


悲劇を二度と繰り返さない



その他にどんなところを見ているかというと、

  • 言葉の理解(意思疎通ができるか?)
  • 数の理解(音符の長さがわかるか?)
  • 指のデキ具合(2歳まではレッスンに工夫が必要)
  • その人の性格と理解度(楽譜の選定)
  • ご自宅とお教室までの距離
  • ご家族の人数や年齢(家庭環境)
  • 既往症やアレルギー
  • その他(まだまだありますが…^^)

という具合に、
ピアノを習っていただき、あらゆる能力を底上げするために
ホントに色んなことをお聞きするんですね。


ただピアノが上手になる為だけではありません。


豊かな人生を育むための音楽教育だからこそ、
体験レッスンで観察したりお聞きしたりするコトは
豊かな人生を作るためのレッスンを構築する重要な情報源なのです。




もしこれからピアノの体験レッスンを受けられる方は、
先生から聞かれた質問はしっかり答えてくださいね。


そして、共に豊かな人生を作っていってくださいね♪



さぁ みなさん!
今日も楽しいピアノレッスンを♪ ・∀・*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

【関連記事】

よろしかったらこちらの記事もいかがですか?^^
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...