【お知らせ】JUGEMブログサーバーメンテナンスのため、一時的にブログ閲覧ができなくなります。12/14, 12/19, 12/21 いずれも14:00~17:00のうち1時間程度。 [ 詳細はこちら - JUGEMお知らせブログ ]

鏡よ鏡、ピアノの演奏でメロディーと伴奏の音量バランス調整を忘れないようにするためには?

2013-08-29 : ピアノレッスン
ピアノを弾くときの左右の音量バランス

こんにちは、FUKUON 福田音楽教室
ピアノ講師☆福田りえです。 (*^-^)/


今日は『ピアノを弾くときの左右の音量バランス』について。




私のピアノ教室では数年前からグレンツェンピアノコンクール
略してグレコンに、生徒さんたちと一緒に挑戦しています。

(今年は越境チャレンジも!




多くのピアノコンクールと同じように、
グレンツェンピアノコンクールでも部門演奏が終わると
審査員の先生による総評を聞かせていただくことができます。


そのとき、総評の先生からよくいただくご指摘というのが、

「左右の音量バランスをよく自分の耳で聴いて、ピアノの音をホールで響かせてください。」

というお話なんですね。


右手と左手、主旋律のメロディーと伴奏の音量の差を
しっかり把握しながらピアノを演奏しましょう、ということです。


右手のメロディーが強すぎたり、
逆に左手の伴奏の音量が大きすぎたりしては
バランスよくピアノの音が響きませんよね。


普段の練習ではあまり感じないかもしれませんが、
音響が計算された広〜いホールで聴いてみると
一目瞭然ということがあるんですね。

(一耳瞭然 or 一聴瞭然かな? ^^)


左右の音量のバランスがとても大切ということなんです。




なんですが・・・


小さい子どもたちにはなかなか難しいことなんですよね。


左右の音量バランス自体が理解できてなかったり、
分かっててもステージ上では忘れてしまったり、
演奏中には上手く調整できなかったり・・・。




さ〜て、本日のピアノ魔法は!

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

メロディーと伴奏はいろんな「たとえ話」に置き換えて♪


たとえばグリム童話『白雪姫』でいうと、

主旋律であるメロディーは主役である美しい白雪姫。
伴奏は主役である白雪姫を守る7人の小人たちなんだよ〜。

とかね。

(継母や王子さま、鏡は?って聞いちゃダメ!! ^^;)

メロディーと伴奏は「たとえ話」で
"Snow White" - Marianne Stokes(1855-1927)



こういったわかりやすい「たとえ話」で理解していると、
音をビジュアルイメージで捉えることができるので
思い出すことがより簡単になりますよね。


使う「たとえ話」は人それぞれ
好みや興味、親しみのあるものが効果的。


「ドラえもん」や「ポケモン」、「マリオ」に「プリキュア」、
「戦隊モノ」に「ヒーロー物」など工夫してみてね。




さぁ みなさん!
今日も楽しいピアノレッスンを♪ ・∀・*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

【関連記事】
こちらの記事もどうぞ〜。^^
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...