思いを形にするソルフェージュ 〜 音楽の基礎訓練の先に待っている未来はクリエイティブ♪

2013-09-28 : ピアノレッスン
音楽の基礎訓練ソルフェージュ

こんにちは、FUKUON 福田音楽教室
ピアノ講師☆福田りえです。 (*^-^)/


以前アメブロの方で『子供のためのソルフェージュ1a』という
ソルフェージュの本をご紹介させていただきました。

子供のためのソルフェージュ1a|音楽之友社

半世紀近くもいろんなピアノ教室で愛され続けるって
ホントにスゴイですよね〜!^^




さて音楽の底力となるソルフェージュ(solfège)とは、
フランス語で音楽の基礎訓練のことを意味します。


その基礎訓練には「読み・書き・理解」の3点セットが欠かせません。



  • 「読み」は読譜力

  • 「書き」は聴音力

  • 「理解」は楽典(音楽の理論)



それぞれどのくらい理解していますか?



さぁ、本日のピアノ魔法は!

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

クリエイティブな力を発揮するにはソルフェージュが必須♪



「学ぶ」という言葉は「真似る」から来たともいわれますが、
音楽の場合真似る力は読み書きからスタートします。


耳で聴いた音をそのまま楽譜として書ける、
そして書いた楽譜をそのまま音として読める。


これら一連の流れはトレースすること、
つまり「真似る」ことで成り立っています。


それも正確に真似ることで基礎訓練となるんですね。




そして基礎訓練の先には「音が描ける」、
つまり作曲があるんです。



クリエイティブにはソルフェージュが必須


自分の思い描いたように
自由自在に音を描けたらどんなに素晴らしいでしょう。


作曲するということは思いを形にするということ。

この世に新し音楽を作り出す力を持つということなんです。




作る力とは右脳の想像力、発想力のなせる技。


想像力や発想力、創造性は
クリエイティブという言葉で言い表しますが、

でも誰でも何でもいきなりすぐに
クリエイティブな結果を出せるわけではありませんよね。


そこに至るためには
やっぱり基礎訓練が欠かせないんです。




ソルフェージュという基礎訓練を習得し、
音楽の土台がしっかり固まっているからこそ、

新しい音楽を世に生み出すという
より高いステージに登ることができるようになります。


だからしっかり基礎を身につけるようにしましょうね。




さぁ みなさん!
今日も楽しいピアノレッスンを♪ ・∀・*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

【関連記事】
こちらのソルフェージュに関連する記事もどうぞ〜。^^


【関連書籍】

子供のためのソルフェージュ(1a)



子供のためのソルフェージュ(1b)



子供のためのソルフェージュ(2)
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
こんにちは、私はあなたのブログが大好きです。私は音楽は道徳律であると言う。それは想像に心、飛行に、宇宙に翼を魂を与え、生活に、すべての魅力と華やぎ。すべてのベスト!〜隋
amazingsquirrelsoundworks さんへ
Thank you very much! I'm happy(^人^)
ありがとうございます。メチャ嬉しいです。
りえ先生、質問です!
中学の頃の合唱部とソルフェージュは違いますか?
  • なぞなぞ
  • 2017/09/23 8:23 PM
なぞなぞ様、コメントいただきありがとうございます。

「中学の頃の合唱部」とは
合唱を行う部活動のこと。

「ソルフェージュ」とは。
フランス語で、楽譜を中心とした音楽の基礎訓練全般を指す言葉。


合唱というより、歌うことは「ソルフェージュ」の中にあり、「視唱」と呼ばれて、ドレミ(音階)などで歌うような基礎訓練があります。

このような答えでよろしかったでしょうか?^^;
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...