• 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号

ピアノを伸ばす「感じ分ける力」 〜 ヤマハリトルピアニストコンサート総評より

2013-11-09 : ピアノレッスン
ピアノの感じ分け

こんにちは、FUKUON 福田音楽教室
ピアノ講師☆福田りえです。 (*^-^)/


昨年、私のピアノ教室の生徒さんが出演した「ヤマハリトルピアニストコンサート」での総評にとても感銘を受けましたので、読んでくださる方々とシェアさせていただきます。


会場でお話を伺いながら走り書きしたものを再構築していますので、多少脚色はありますが、大筋はあっていると思います。


今回の総評は横浜国立大学教授の杉山哲夫先生によるものです。




ヤマハリトルピアニストコンサート:総評より


感じ分ける力

音楽やピアノを通じて自己表現をする上で、ぜひ「感じ分け」をしっかりやって欲しいと思います。


楽譜や音符の中には主題やテーマがあります。


それをしっかり分析し、楽譜から「美」を感じ取って表現してください。


また聴き手やお客さまとの間に生まれるモノを感じ取ってください。




西洋音楽には西洋の「食」に通じるところがあります。


例えばフルコースでいただく料理の中に、「○○料理」という一品があったとします。


それを単体で食べるときと、コース全体を通して食べる感覚とは異なっているんですね。


ピアノも1楽章だけあるいは終楽章だけ弾くというのと、全楽章いわゆるフルコースで弾いてみるというのでは感じ方が違うと思います。


そういう色々な感じ分けをしてください。




それから、小さなお子さんにはまだ幼くてわからない「音」もあると思います。


子どものころは大嫌いだった「いかの塩辛」が、大人になったら何とも好きになってしまうということもあります。


ですから食わず嫌いせずに、色々と試してみてください。


そして今のままのピアノの演奏で満足せず、次の未知なる世界に対する気構えを持ってくださいね。




最後に親御さまへ。


なかなかお子さんが練習していても、どうサポートしたらよいかわからないこともあるでしょう。


しかし一言、声をかけてあげてください。

「どんな曲なの?」
「ちょっと聴かせてよ。」

と、そういったお声掛けが大切なんです。




といったことを、総評で仰っていました。

今回は杉山 哲夫先生のお言葉を私なりに要約してみました。



さぁ、本日のピアノ魔法は!

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

音から感じ分けをしてピアノを弾いてみよう♪


  • 楽譜からテーマを見つけてみよう!

  • どのテーマがどの音へ繋がっているか?


まず感じることが出来なければ表現できませんので、しっかり感じ分けしてみましょう。




さぁ みなさん!
今日も楽しいピアノレッスンを♪ ・∀・*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

【関連記事】
こちらの記事もどうぞ。^^


【関連書籍】

CD付 感性が目覚める! 7つのピアノレッスン
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
コメント
はじめまして。

ブログ、始めたばかりで、
よくわからないのですが、
福田さんのブログ、とくに
講評のお話には感動しております。

http://s.ameblo.jp/eiko0330/

こちら、私のアドレスです。
これから
ブログ、頑張りたいです!

松田映子
松田映子先生、コメント頂きましてありがとうございます!

ご共感いただきとっても嬉しいです。

松田先生のブログも拝見させていただきますね。

これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...