【お知らせ】JUGEMブログサーバーメンテナンスのため、一時的にブログ閲覧ができなくなります。12/12, 12/14, 12/19 いずれも14:00~17:00のうち1時間程度。 [ 詳細はこちら - JUGEMお知らせブログ ]

可聴域(1)

2011-04-16 : ピアノレッスン
さて、今日はうって変わって“可聴域”のお話です。


可聴域とは、
要するに、人間の耳で聴こえる音はどっからどこまで?ってことです。


聴覚(ちょうかく)とは五感のひとつで、

音の強さ、音高、音色、音源の方向、リズム、言語などを認識する能力・機能を言います。


外耳、中耳、内耳、聴神経、聴覚皮質などの器官を使って、“音の信号”を神経活動情報に変えます。


ヒトでは個人差はありますが、


通常20Hzから、15,000Hz(〜20,000Hz)程度の音を音として感じることができます。


ピアノで、どのくらいの音かというと、


一番下のピアノの音は“ラ”ですが、その下の“ド”から・・・


上は、一番上の“ド”をC-8”とすると、


あと2オクターブ上の“ド(C-10)”16,384Hz そのくらいか、それ以上です。


この周波数帯域を可聴域と言います。



可聴域を超えた周波数の音は“超音波”と言います。


可聴域を下回る(可聴域下限付近の)低周波音、


例えば、
ウーハ―で“ドゥン・ドゥン”と、車から聴こえてくるような感じの音とかは、


これまで知られていなかったタイプの“騒音被害(低周波騒音)”として注目されているんですよ!


続きは明日!

--------------------------

そこで、今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆


『どこまで聴こえるゲームやってみて♪』


1)遠くの飛行機の飛ぶ高周波音

2)家の電気(蛍光灯)をつけた時の音

3)テレビをつけたり、消したりした時の音

4)遠くでなっている花火やお祭りの太鼓

5)虫の羽音


どれだけ聴こえるかな?
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
はじめまして
置き手紙からきました。

ピアノは弾きませんが
ギターを我流でやってます
音楽の「いろは」も知らずにやっていたので、りえ先生の親切でわかりやすい音楽講座はとてもためになりますし、楽しいです。

またおじゃまします。
いもすけ様、
コメントありがとうございます!

ギター良いですね〜!

ゲーム会社に居た頃に、同期の友人からエレキギターとベースをセットで5000円で譲り受けたのに…弾けず…弦モノは憧れです。

大学時代、クラシックギターの授業ではポロンポロンとなる自分の音に寝入ってしまい、ギターを抱いて倒れこむという事件が…

私には無理でした。

ピアノは寝ていても即興で弾き続けられるのに…非常に残念です。

いもすけさんが羨ましい!

応援しています☆楽しんでくださいね♪
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...