• 【出版】できた!を明日の自信へ『気になる子へのピアノレッスン』事例でわかるグレーゾーン・障がい児指導

【献本】幼稚園や保育園・保育所、こども園の採用試験に向けたピアノ・音楽実技対策のための良書

2018-08-22 : お知らせ
【献本】幼稚園や保育園・保育所、こども園の採用試験に向けたピアノ・音楽実技対策のための良書

今回は幼稚園や保育園・保育所、こども園の採用試験における、音楽実技対策にうってつけの書籍をご紹介します。

保育者志望の方は必見です。

こんにちは、FUKUON 福田音楽教室 ピアノ講師&音楽療法士の福田りえです。 (*^-^)/

このブログではこれまでも、保育士試験のピアノ・音楽実技試験対策の動画や楽譜を掲載してきました(今年はできていません)が、今回は採用試験のための音楽実技対策です。

ご紹介する本は……
保育所・こども園・幼稚園採用試験に向けて みんなが知りたい!音楽実技対策』(ヤマハミージックメディア)

写真:ピアノの譜面立てに立て掛けられた本書

著者は『保育士、幼稚園・小学校教論を目指す人のために この一冊でわかる ピアノ実技と楽典』、『子どものうた弾き歌いベスト50』(いずれも音楽之友社)など、これまでも保育のための書籍を多く出されている、現・大東文化大学文学部教育学科教授の深見友紀子先生。

このブログでも、何度かご紹介させていただいていますが、今回の書籍も、保育所・こども園・幼稚園の採用試験に向けてがんばっている方にとっては、必読の書となっていますよ。

保育士資格と幼稚園教諭免許、そして採用試験

採用を目指されている方は既にご存知のことだと思いますが、一応、簡単に説明しておくと……

保育士資格を取得するには、大学や短大、専門学校などの指定保育士養成施設を卒業するか、国家試験としての保育士試験で合格する必要があります。

一方、幼稚園教諭免許というのは、幼稚園教諭養成課程がある大学や短大などを卒業するか、他の高等教育機関を卒業した後に免許取得に必要な単位を修得することで得られます。

まれに「保育士資格があれば幼稚園の先生になれるのでは?」と、勘違いされている方もいますが、両者は資格も免許も、そして職業もまったく別のものなんですよね。

しかし3年以上の実務経験などの条件をクリアし、教員資格認定試験で合格すれば、保育士資格から幼稚園教諭免許が取得できます。

これらはいずれも資格と免許なので、取得したからといってすぐに働ける(就職できる)わけではありません。採用試験に合格してはじめて、資格や免許を生かして働けるようになるわけです。

そして資格・免許・採用と、ハードルをクリアしていく多くの場面で、ピアノをはじめとした音楽実技試験が課されることになるんですね。

採用試験と音楽実技のリアルな具体例がたくさん掲載

では本書の内容を、かいつまんでご紹介していきます。

まず、まえがきには……

音楽の不得意な学生や、既卒の皆さんにもわかりやすく、同時にピアノが得意な人も有益な新しい情報が得られる、これまであるようでなかった音楽実技試験対策のための本 引用:本書 p.2

とあります。
また次のページには……

本書では、保育所や幼稚園などの「採用試験」における音楽実技試験について解説します。 引用:本書 p.3

と書かれているように、採用試験における音楽実技への対策を主眼として、本書は構成されています。

特に本書の前半(Chapter1〜6)では……

  • 採用試験がどのように行われているのか?
  • 音楽実技試験の内容
  • 試験会場の様子や注意事項
  • 緊張からくるメンタルの整え方
  • 受験者の声を元にした採用試験の傾向と対策

など、採用試験のいろんな側面が、具体的な事例と共に数多く取り上げられていて、全体像を知る上で非常に参考になります。

採用を目指す方々が一番悩まれるであろう、公立か私立かの選択においても、それぞれ音楽実技の傾向や、保育所・幼稚園・こども園など施設ごとの違いも細かに掲載されていますので、事前準備に役立ちます。

課題曲や初見演奏の場合の出題曲の傾向もバッチリ掲載。
24ページには……

私立保育所の場合、求人票に具体的な曲名が書いてあることは稀です。 引用:本書 p.24

とありますので、本書を活用することである程度の心づもりができるのではないでしょうか。

またChapter5では、試験会場の広さやピアノの位置、試験官の人数や配置など、実際にあった事例をイラスト付きでいくつも紹介されていますので、試験当日をリアルにシュミレートできるようになっています。

図:試験会場の広さやピアノの位置、試験官の配置を表したイラスト
試験会場の配置図の例

※画像はamazonより引用

音楽実技で弾くことになるピアノについても、違いや傾向を細かく説明されていますので、試験当日いきなりグランドピアノを前にしても、臆することもなくなるでしょう。

さて本書の前半を読んだだけでも、リアルな具体例がたくさん掲載されていることに驚きますが、なぜここまで具体的なのかというと……。

著者の深見先生が2004年から2017年まで勤務されていた、京都女子大学児童学科での授業経験や、学生さんたちの実体験、あるいは学校に寄せられる求人情報などが元になっているから、なんですね。

リアルな具体例の数々も、これで納得です。

採用試験に向けたピアノ練習への取り組み

本書の後半(Chapter7〜14)では、具体的な曲と楽譜と共に、採用試験に向けたピアノの練習方法が紹介されています。

上でも書きましたが、園や施設によって音楽実技の内容は変わってきますので、特に……

  • 弾き歌いの練習
  • 歌の練習
  • 自由曲の選曲のポイント
  • 初見演奏のための練習
  • 伴奏力のレベルアップ

などは、実践に即した内容になっています。志望先の傾向に合わせて、しっかりと練習しておくといいでしょう。

弾き歌いでは移調が許されている場合もあるので、具体的なツールを使った移調譜の作り方(p.70〜p.71)まで紹介されています。

採用試験の音楽実技は保育士試験とは違い、課題曲に『バイエル』が取り上げられることが多く、特に公立はその傾向が強いのが特徴です。

本書のChapter8では、採用試験での『バイエル』の出題範囲や演奏記号、練習への取り組み方、注意点など、ページを割いて紹介されていますので、参考にされるとよいでしょう。

図:選曲のポイントが書かれたページとサンプル楽譜
選曲のポイント

※画像はamazonより引用

また自由曲の選曲の場合でも、ブルクミュラーやソナチネ・ソナタなどピアノ教則本・曲集の難易度が掲載(p.66〜p.67)されていますので、そこを基準として選ぶといいと思います。

練習に役立つWebサイトやe-ラーニングコース、動画サイトも掲載されていますので、ピアノの練習のお供に活用されてみてはいかがだったでしょうか(私のYouTube動画も紹介いただいています)。

[参考]本書を使ったピアノの練習方法

蛇足かもしれませんが、私が読んでいて思った、本書を使った練習方法を書いておきます。よかったら参考にしてください。

1.実際に自分で弾いてみること

本書に載っている楽譜はすべて、必ずピアノで音を鳴らして(歌って)みることが大事。読んだだけではダメですよ。

特に楽譜上に示されている赤いポイントの部分は、いったい何がポイントなのか、音を鳴らして確認してみてください。

2.独自解釈にならないように注意

保育の現場で使われる童謡の本などには、楽譜上の指示(スラーや強弱など)が細かく書いてない場合があります。

独自解釈で変な間合いにならないためにも、ポイントをしっかり確認できるようになっておきましょう。

3.レパートリーを増やすために

Chapter12「歌の伴奏レパートリーを増やそう」のp.78〜p.79に掲載されている47曲は、現場で使う可能性が極めて高い曲ばかりですので、どんな形であっても弾き歌いできるようになっておきましょう。

またp.79の下段に掲載されている「調査した楽譜集10冊」も、少なくとも2冊は手元に持っておくといいでしょう。同じ曲であっても、曲集ごとに見比べると、より多くの情報が得られることがあります。

また74ページには……

一冊をぼろぼろになるまで使おう 引用:本書 p.74

と書いてあるように、園でプリントされ配られた楽譜だけに頼らず、自分で購入して、自分なりに弾けるようにして幅を広げることが大切。少しずつでもレパートリーを増やすことで、実力もアップしていきます。

4.基本の3和音をしっかり身につける

Chapter14「伴奏付けにチャレンジしよう」では、伴奏付けに必要な基本の3和音が学べます。

保育の現場ではとても役に立つので、今のうちにしっかり身につけておきましょう。

5.初見力の強化のために

初見演奏の練習では、楽譜を見る時間を何秒か決めてから行うといいでしょう。自分のレベルに合った曲を、何曲も何曲もやることが大切になってきます。

6.テンポを守って弾くために

演奏のテンポをキープしてピアノを弾くために、メトロノームを買って、楽譜が指示するテンポに合わせて練習するようにしましょう。

『保育所・こども園・幼稚園採用試験に向けて みんなが知りたい!音楽実技対策』の目次

  1. まえがき
  2. 保育士・幼稚園教諭になるまでの流れ
  3. Chapter1 採用試験と音楽実技
    公立の場合
    私立の場合
  4. Chapter2 公立の音楽実技
    ピアノ自由曲・ピアノ弾き歌い自由曲
    ピアノ課題曲・ピアノ弾き歌い課題曲
    初見演奏
  5. Chapter3 私立の音楽実技
    私立保育所の場合
    私立幼稚園の場合
    私立こども園の場合
  6. Chapter4 試験会場のピアノ
    公立の試験はアップライトピアノが主流
    グランドピアノとアップライトピアノとの違い
    アコースティックピアノと電子ピアノとの違い
    電子キーボードとはどういうもの?
  7. Chapter5 試験会場の様子
    試験会場にはいくつかのタイプがある
  8. Chapter6 試験会場での注意事項
    緊張していても明るい雰囲気で
    手指に関する注意
    暗譜はしたほうがよい?
    椅子の高さ調節
    あがらないための工夫
    試験官を子どもたちに見立てる
  9. Chapter7 ピアノの練習を始めよう
    ピアノの先生に頼りましょう
    演奏する時の姿勢に注意しよう
    テンポを確認しよう
    区切って練習、取り出して練習
    一通り練習できたら
    試験直前の注意事項
  10. Chapter8 「バイエル」を攻略しよう
    採用試験での出題範囲
    実は単純な構成の曲ばかり
    ♯(シャープ)が付く曲にめげないで
    ヘ長調はまとめて練習する
    計画的に練習する
    模範演奏を参照しよう
    原書番号に注意
    テンポを守り、音楽記号などを忠実に表現しよう
  11. Chapter9 弾き歌いの練習を始めよう
    弾き歌いの楽譜と種類
    重視されるのはピアノより歌
    前奏(イントロ)や後奏(エンディング)を付ける
    早い段階から歌を付ける
    ブレスの位置に注意
    強弱を付ける
    目線は大切
    ピアノ伴奏は暗譜する
    歌は最後の番まで歌っておく
    ピアノ伴奏と声の音量バランス
  12. Chapter10 歌の練習を始めよう
    深く、柔らかく、力強い呼吸が不可欠!
    歌う時の表情や心のあり方が重要
    正しい音程とリズムで
    最も大切なのは歌心(イメージと言葉を大切に)
    表情豊かに歌おう
    鼻濁音や促音(つまる音)に注意しよう
  13. Chapter11 選曲のポイント
    ピアノ自由曲の選び方
    ピアノ教則本・曲集の難易度
    弾き歌い自由曲の選択基準
    弾き歌いは移調できる!
    他のピアノ曲にも挑戦しよう
  14. Chapter12 歌の伴奏レパートリーを増やそう
    一冊をぼろぼろになるまで使おう
    保育士試験(国家試験)の音楽実技対策を活用しよう
    マスターしておきたい弾き歌い曲
    歌の伴奏集に最もたくさん掲載されている歌は?
  15. Chapter13 初見力を付けよう
    初見演奏のコツ
    読譜力を伸ばそう!
    初見演奏の種類
  16. Chapter14 伴奏付けにチャレンジしよう
    ♯・♭1つまでの長調
    ハ長調の音階と基本の3和音
    伴奏(和音)付けしてみよう【基本編】
    伴奏付けしてみよう【応用編】
    伴奏付けしてみよう【超応用編】
    ト長調・ヘ長調でもやってみよう

全14チャプター、104ページ。全編2色カラーでイラストや図解も豊富です。AB判の広い紙面で楽譜も見やすく、ピアノの譜面立てでも開きやすい柔らかさになっています。

まとめ - 教える側になるために

保育や園の現場に入る前も入った後も、ピアノが苦手な内は、自分が間違えずに演奏することで頭が一杯になってしまうものです。

でも実際の現場では、子どもたちに教える側であることを忘れないようにしましょう。

音楽を用いることの教育的効果はたくさんありますが、それが伝わらなくなっては、元も子もありませんよね。

子どもたちの語彙力や情緒を育てる。
そのための音楽実技の技術を磨く。

採用試験のためだけでなく、幅広く本書を使ってみてくださいね。

最後になりましたが、今回献本いただきました深見友紀子先生にお礼申し上げます。ありがとうございました。

深見先生の詳しいプロフィール等は深見友紀子オフィシャルサイト をご覧ください。

では みなさん!
今日も楽しいピアノライフを♪ *'∀'*)ノ

*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

【関連記事】
この記事を読んでいる人にオススメ!

JUGEMテーマ:ピアノ

  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...