• 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号

ソルフェージュ:聴音2

2011-04-29 : ピアノレッスン
今日は「聴く・書く・歌う・理解する」の4拍子

ソルフェージュ力=聴音」のお話し、その2です。

聴音は、

1. メロディー(音の高低)
2. リズム
3. 和音

の三つで構成されています。


この聴音の能力はどれも大人になってからも“重要な脳の働き”になってきます。


と言うのも、
音を聞き、理解し、それをまとめて表現することは、どんな仕事にも共通することだからです。


「この子はピアノを練習しないから・・・」
「音楽は受験に関係ないから・・・」
「音楽はお金にならないから・・・」


と言って、音楽やピアノは真っ先にお稽古ごとから外されることがあります。


でもそれはどうでしょうか?


私は今まで“音楽”に携わり、様々な活動を通して気がついたことがあります。


それは
「音楽の可能性」、そして「音の可能性」についてです。


ビジネスは、「読み書き計算」が大事ですよね。


音楽もまた、「読み書き計算」で成り立っています。


頭がまとまり、計算できなければ、人の心を動かす「音楽」にはなりません。


音を鳴らせて第一段階をクリアです。


次に“いかに・どのように伝えるか”が大切になってきます。


そのとき音を分析するチカラである“ソルフェージュ”が底力を発揮するのです。



私は、「音を聴く力」はバランスの良い心の形成にとても大切な働きをしてくれる、と考えています。

--------------------------

そこで、今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆


『“聴くチカラ”は“聞くチカラ”♪』


カウンセリングでは第一に“傾聴”が大切だと教わりました。


傾聴とは“耳を傾ける”ということです。


そしてわからなければ“聞き返す”ことができる。


音楽やピアノを通じて、そんなチカラを育んでいます♪
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...