自信を持ってピアノを弾くには? - 怠りのない準備が褒められた理由と本当の自分を映す鏡

2017-03-13 : ピアノレッスン
自信を持ってピアノを弾くには? - 怠りのない準備が褒められた理由と本当の自分を映す鏡
先生、この曲、なんだかやっぱり自信がないです……。
こんにちは、FUKUON 福田音楽教室
ピアノ講師&音楽療法士の福田りえです。 (*^-^)/


さて今回は、ピアノを弾く自信のお話しです。

「え~、自信な~い」
「ぜんぜん弾けそうな気がしない」
「やっぱムリ……」

日々子どもたちにピアノを教えていると、まぁ~耳にすることの多いこと多いこと。いや、子どもだけでなく、大人の人でもついつい言ってしまうことが多いですよね。


もちろん根拠のない自信は張り子の虎でしかありませんが、必要以上に及び腰になることもありませんよね。自己暗示で本当に自信を喪失していまいますし、周りからもそう思われてしまいます。


ではどうやったら、自信を持ってピアノに取り組むことができるようになるのでしょうか?






ピアノのレベルは同じ子でも、持っている自信には差がある


ピアノに関わっていると、

  • 新しい曲や教材に切り替わったとき
  • 少し難しそうな楽譜を手にしたとき
  • コンクールや発表会の選曲のとき
  • 舞台袖に立ったとき


など、自信がない発言が登場する機会は多いですよね。


機会が多いからこそ、とりあえず何でも無理って言っちゃおう、なーんて口癖になっている人もいたりします。^^;


しかし上手にピアノを弾いている人は、自信に満ち溢れています。少なくとも、自信がない人から見たら、自信があるように見えますよね。


美しい姿勢、見事な弾き始め、力強いタッチ、迷いのない指運び、乱れないリズム、そして堂々として晴れやかなお辞儀。その立ち振舞から溢れ出る揺るぎない自信、輝くオーラ。


そういう人の演奏を見ると、「いいな~、自信があって」と思ってしまうものです。「私もあれくらい自信を持って、堂々とピアノを弾けるようになりたい」って。




プロのピアニストを羨望の眼差しで見るアマチュア、という関係だけでなく、子ども同士でもお互いの演奏を見ながら、自信の有無を感じ取っているものなんですね。


不思議なことに、同じレベル、同じ年齢の子同士であっても、ピアノに向かったときの自信の差というのが確かにあるんです。


この自信の差は、一体どこから生じてくるものなのでしょうか?




素晴らしいのは結果ではない?準備で差がつく自信の土台


海外でピアノを演奏した経験がある人が、以前こんなことを語ってくれました。


とある演奏会場でのこと。伝統ある大きな舞台で緊張が張り詰めていたものの、なんとか演奏がうまくいったとき、

ブラボー!
しっかり準備ができていて非常に良かったよ


と、口々に言われたそうです。


普通は「いい演奏だったね」と言われそうなものですが、そのとき褒められたのは、「準備ができていた」ことに関して。


しっかり準備が整っていたからこそ、とても良い演奏になったのだから、その準備こそが素晴らしいというわけなんですね。


この場合の準備というのは、そのステージまでにどれだけの練習をしてきたか? ということなんですが、しかしそれだけではありません。そういう舞台に立つ人は、たくさん練習するのは当たり前だからです。


練習量だけではなく、これ以上はないほど十分やったんだという納得感や、周囲の声による承認感の充足など、メンタル面も準備に含めていいと思います。


練習は一応したけど、まだしっくりこない感が残っていたり、「まだ全然ダメ、出来てない!」と最後まで否定的な言葉を受けながら練習を終えたりすると、メンタル面が準備完了にならないんですよね。


「自分はまだ足りていないんだ」という思いが、自信の土台を脆くしてしまうのです。まさに砂上の楼閣ですね。


砂の上の城の写真

心、身、質、量。


そういったいろんな要素が十分満たされてはじめて準備が整い、どこかが欠けていると準備不十分で不安の種を残す。それが同じレベル、同じ年齢の子同士であっても、自信の差となっているのだと思います。


何だかとてもストイックな感じがしますが、詰まるところ自信というのは自分の内面にしか生まれないのですから、そのための準備もストイックにならざるを得ないですよね。


そしてそれだけに、良い準備というのは賞賛に値するものだといえます。自分を律し、厳格に精進したということなのですから。




備えよ常に!準備は自分を助け、ピアノは応える


自信とは読んで字のごとく、自分を信じること。


そして自分を自分で信じ切るためには、十分な準備が必要です。もし準備を怠れば、本当に最後まで自分を信じ切れるかどうか、自信がなくなります。


十分な準備は自分を助け、
足りない準備は自分を裏切る。


さあ、
あなたは自分を信じられますか?


そこで今回のピアノ魔法は…
(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆

準備を怠らないことが自信を育てる!



かつて「平成の怪物」と騒がれていた野球の松坂大輔投手は、プロデビューした年、あのイチロー選手を4打席3三振と完璧に抑え切りました。そしてヒーローインタビューで、こう答えたのです。


プロでやれる自信から確信に変わりました


自信は確信へと至るための一里塚。揺るぎなく強固な自信は、「自分には出来るんだ」という疑いようのない確かな思い、自分で自分を100%信じることができる地平へと導いてくれます。


でも小さい子やまだ慣れないころは、新しい曲や難しそうな楽譜、コンクールや発表会のステージで、自信がないのは当たり前。誰だって最初はそんなものなんです。


でも準備を怠らず、いろんな経験を重ね、少しずつ小さな成功を得ていくことで、自信が育っていきます


新しい曲でも練習すれば弾けるようになるんだ、どんな舞台でも練習をサボってなければ大丈夫だと、準備と成功が結びついていく過程で、自然と自信が大きく育っていくんですね。


それまで自分が歩んできた道のり、乗り越えてきた峠の数々、積み重ねてきた時間。それらは決して嘘ではない、本当のことなんだと、自分で自分を絶対的に信じることができる、自信の根拠となります。


と同時に、自信が育つ過程では、ピアノは自分の合わせ鏡、本当の自分を映し出す「ラーの鏡」だということも学びます。

※ラーの鏡…ドラゴンクエストシリーズに登場する、真実の姿を映し出す伝説の鏡。


真実の姿を映し出す鏡

準備を怠り、自分で自分に嘘をつくとき、ピアノもまた嘘をつき、十分な準備が整っていれば、ピアノもそれに応えてくれることに気がつくでしょう。


黒く輝くピアノに映しだされる自分の姿は、果たして偽りのない自分の姿か、それとも嘘をついている姿なのか? 何度も何度も目にすることで、自信を持つとはどういうことなのかを、骨身に染みて知ることになります。


やがて自分でも納得いく大きな果実が得られたとき、自信が確信に変わっていくのです。


【関連書籍】

演奏家のための「こころのレッスン」―あなたの音楽力を100%引き出す方法
長時間のつらい練習はもういらない!リラックスした集中で緊張からも解放される。頑張らなくていい、自分を信じる心のゲームの克ちかた。演奏技術の質を高める手引き書。(Amazonより引用)


いかがでしたか? しっかりした準備は自信へと繋がりますから、日々精進してピアノに向かいましょう。


先ほど紹介した松坂選手、実は高校時代は練習嫌いで有名だったらしいのです。でも、自分のミスからサヨナラ負けをしてまったことをキッカケとして、猛練習に励むようになったそうですよ。


準備を怠らないことの大切さを学ぶためには、ときには失敗を経験することも必要なのかもしれません。失敗をバネに成長することもまた、自信につながりますからネ。


では みなさん!
今日も楽しいピアノライフを♪ ・∀・*)ノ
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

【関連記事】
この記事を読んでいる人にオススメ!


更新: | 公開: |
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...