選曲は「同質の原理」で

2011-05-18 : ピアノレッスン
さて今日は、
同質の原理」というお話しです。


なにそれ?

と、思われた方もいらっしゃるかと思います。



これは、音楽療法で使われる言葉でもあり、

1940年代にアメリカの精神科医だった“アルトシューラー”さんによって提唱された理論です。

彼が米国の精神病院で勤務している時に、食卓音楽の曲目や特徴について考えていて理論化されたのです。



例えば、
楽しい時に、暗〜くて悲し〜い音楽を選びませんよね!


逆に、
ココロが深く傷ついて落ち込んでいる時には、何気に暗く悲しい曲を選択しがちになります。


それは、
その曲に自分のココロの状態や気持ちを、代弁して貰いたくなるという法則が働くからなんです。


それが「同質の原理」なんです。
(アルトシューラーの理論ともいいます。)


みなさんにも“ココロの状態と同じ質”のモノを選んでしまうという経験、ありませんか?

*--------------------------*

そこで、今日の魔法は…

(〃^∇^)ノ~エイ*・゜゜・*:.。..彡☆


『選曲には同質の原理で♪』


◆生徒さんへ

今の“気持ち”や“やりたい曲”を先生に伝えていますか?

先生は、あなたが楽しくピアノを弾いてくれることが喜びなのです!

ぜひ先生に伝えてくださいね♪


◆先生方へ

生徒の気分を察知して選曲していますか?

生徒の気持ちを考えず、ご自分の好きな曲や知っている曲ばかりを選択していると・・・

生徒のココロは次第に先生から離れていってしまいます。

(※全部が全部、当てはまるわけではありませんよ。)

メリハリをつけながら生徒さんの好きな曲も入れてあげてくださいね♪



ではまた次回♪
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・
  • もっと楽しく♪動画でピアノレッスン
  • 人気記事ランキングTOP20
もっとピアノが大好きになっちゃう無料メルマガ
『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』

読者購読規約powered by まぐまぐ!
| /PAGES |
  • 【まとめ】全26選!ご家庭でのピアノの練習に参考になりそうな記事をピックアップ
  • 保育士試験ピアノ実技と筆記まとめ
  • 【まとめ】ピアノコンクールの参考になりそうな関連記事をまとめました
  • 【まとめ】譜読みの上達に参考になりそうな関連記事をまとめてみました
  • 【連載開始!】障がいを持つ子どものためのピアノレッスン - ムジカノーヴァ2017年1月号
コメント
コメントする






   

スマホ版を表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...